TOP 今週のKEIEISHA TERRACE 10月24日~10月30日の新着記事Pick Up!

2020/10/30

1/1ページ

第96回

10月24日~10月30日の新着記事Pick Up!

  • エンタテインメント
  • KEIEISHA TERRACE編集部

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 


 

10月24日~10月30日の間に、KEIEISHA TERRACEで公開された記事をご紹介いたします。

 

 

新連載「日本全国注目社長!」がスタートしました。

その土地ならではの風土や産業などを巧みに取り入れ、活用し、独自の成功や成長を成し遂げている企業があります。

 

第一回の今回は、東京で働くビジネスパーソンから一転、老舗旅館の若旦那になった、有限会社山本屋の高宮浩之さんにご登場いただきました。

 

▼記事はこちから

 

 

週末のお時間で、ぜひごゆっくりとお読みいただければ幸いです。

父である現会長、博志氏は、世界に通用する獺祭ブランドを一代で築き上げた存在。

3回目の今回は、ファミリービジネスを継続する上での責任、覚悟についてなどのお話を伺っています。シリーズ最後の記事をお楽しみください。

シリーズ第7回目の今回は、「アフターコロナの時代、経営人材に求められる ”新しい条件”」。

 

コロナ前から変わらない経営人材に必要なチカラと、さらに加わった2つのチカラ確認してみませんか?

「企業家として成功する者は、その目的が金であれ、力であれ、あるいは好奇心であれ、名声であれ、価値を創造し社会に貢献する。しかもその目指すものは大きい。すでに存在するものの修正や改善では満足しない。価値と満足を創造し単なる素材を資源に変える。あるいは新しいビジョンのもとに既存の資源を組み合わせる。」(『イノベーションと企業家精神』、1985年)

 

この新しいものを生み出す機会となるものが変化だ。イノベーションとは意識的かつ組織的に変化を探すことであり、それらの変化が提供する経済的、社会的イノベーションの機会を体系的に分析することだとドラッカーは言う。

このたび30周年を迎えた「7つの習慣」。それを記念して『7つの習慣 30周年記念版』(キングベアー出版)が刊行されました。今回はそんな「7つの習慣」を、経営者JP 代表取締役社長・CEO井上和幸がふり返ります。

今回からスタートする「日本全国注目社長!」では、ユニークな経営で注目を集めている全国各地の会社社長、経営者、起業家に話を伺い、そのストーリーや経営指針、戦略などを伺っていきます。

 

初回にご登場いただくのは、“外湯めぐり”で知られる兵庫県城崎温泉にある老舗旅館「山本屋」の代表取締役を務める、有限会社山本屋の高宮浩之さんです。

今回の【TERRACEの本棚】は、『FIELDWORK─野生と共生─』。

困難なとき、選択を迫られたとき、立ち返るべき「何者かである自分」がありますか。

本書の編集を手掛けられた、マガジンハウスの松原亨氏に見どころを伺いました。

35CoCreation合同会社 CEO 桜庭 理奈氏による連載第5回目。

「HRBP」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

一般的な「人事部」、「HR」をという枠から踏み出し、組織にヒューマニティを取り戻す「HRBP」の連載です。

i-nest capital株式会社代表取締役社長の山中卓氏との対談記事。後編では、ウィズコロナ時代のエンタメに関連する、注目ベンチャー企業3社のご紹介いただいています。

2020年10月22日(木)、zoomにて無料セミナー「ニューノーマルのリーダーシップ」を開催いたしました。

■ いま、リーダーは何を変えるべきか、または何を維持していくべきなのか?
■ 組織力を向上させるために、何ができるのか?

リーダーシップについて考えたい方、自分のリーダー力を向上させたい方は、ぜひご覧ください。

ミドルシニア層のキャリアや転職、経営幹部の採用や育成、組織づくりに関する皆様からのお悩みに、2万名を超えるエグゼクティブ人材と対面してきたキャリア・リーダーシップの専門家、経営者JP井上がお答えする新連載「TERRACEの質問箱」がスタートしました!記念すべき第一回目のご質問は「中途社員が定着しない」です。

今回の【ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術】は「コロナ氷河期 終わりなき凍りついた世界を生き抜くために」。

決して安泰でなかった経済が、さらにコロナという脅威が到来しました。

生き残るポイントを学んでみませんか。

日々の経営に活かせるヒントとして、世界中で活躍する経営者や偉人の名言をご紹介。

 

今回は、デイヴ・アスプリー氏著『シリコンバレー式超ライフハック』からの一言。

 

シリコンバレーで成功するも、肥満と体調不良に悩まされた結果、
自己実験に100万ドルを投じ、50キロの減量とIQの向上に成功した過去から、
「バイオハックの父」と呼ばれる。


 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
来週の更新もお楽しみにお待ちください!

 

 

他の記事も読む。60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >