TOP 【私が経営者になった日】桜井一宏氏 一度離れてみて、「好き」なことに気がついた。 (Vol.1)

2020/10/12

1/1ページ

第1回

一度離れてみて、「好き」なことに気がついた。 (Vol.1)

  • 私が経営者になった日
  • 経営
  • キャリア・働き方
  • 経営者
  • 旭酒造株式会社 代表取締役社長 桜井 一宏氏

30日無料!全記事読めるプラチナメンバー登録はこちら >

 

 

社長に任命された日=経営者になった日ではありません。経営者がご自身で「経営者」になったと感じたのは、どんな決断、あるいは経験をした時なのか。何に動かされ、自分が経営者であるという自覚や自信を持ったのでしょうか。

日本酒作りのそれまでの慣習に囚われない新たな取り組みを続け、国内外の多くのファンに愛される純米大吟醸「獺祭」を造る旭酒造株式会社 代表取締役社長 桜井一宏氏に3回にわたってお話をうかがってみました。

...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 桜井 一宏氏

    旭酒造株式会社 代表取締役社長

    1976年生まれ、山口県周東町(現岩国市)出身。早稲田大社会科学部卒。大学卒業後、酒造とは関係のない東京のメーカーに就職。東京の居酒屋で「獺祭」のおいしさに気づき、2006年、実家に戻る形で旭酒造に入社、常務取締役となる。2010年より取締役副社長として海外マーケティングを担当。2016年9月、代表取締役社長に就任、4代目蔵元となる。

 他の記事を読む

【私が経営者になった日】桜井一宏氏