TOP イマ、ココ、注目社長! ロボット労働力をサブスクリプションで提供! ーーすべての企業が創造的な生産活動に集中できる世界をつくりたい。【後編】

2020/10/09

1/1ページ

第115回

ロボット労働力をサブスクリプションで提供! ーーすべての企業が創造的な生産活動に集中できる世界をつくりたい。【後編】

  • イマ、ココ、注目社長!
  • 経営者
  • 組織
  • 経営
  • 株式会社チトセロボティクス  代表取締役 社長 西田 亮介氏

 

現役一流経営者の記事が読める!60秒で簡単メンバー登録はこちら  >

 

 

産業用ロボットアームを用いた労働力を、初期導入費用なしのサブスクリプションで提供している「株式会社チトセロボティクス」。

後編では、同社代表取締役社長の西田亮介さんに、産業用ロボットへの思いやウィズコロナの捉え方などについてうかがっています。(前編はこちら

 

(聞き手/井上和幸)

 

一気通貫のサービスによって、お客さまにさらなる価値を提供する

――ビジネスというところで見たときに、創業のタイミングで、西田さんが「経営はこういう風にやっていこう」と決めていたことはどんなことでしょうか。あるいは、どんな計画を持たれたのでしょうか。事業サイズであるとか…。

 

 

西田 技術開発は当然のようにやるべきものだということは身体に沁み付いていたので、技術開発のベンチャーにしたいとは実は思いませんでした。ロボットを届けることが事業の主体でなければならないし、技術開発だけをすることはやりたくないと。それはユーザーさんとのコミュニケーションの上でビジネスが成り立ってほしいと思うからです。

 

事業サイズについては、これは直感的に伝わらないと思いますが、私は、ドイツの『SAP』(ヨーロッパ最大級のソフトウェア会社)という会社が好きなんです。小さな問題をひとつずつとらえてお客さまに満足してもらっていった結果、さまざまに解いてきた過去の“遺産”をきちんとまとめてパッケージにすることで、より多くのお客さまにリーチしていくというやり方です。小さく、小さく、でもすごくクリティカルなお客さんの課題を解いて、集めて、解いて、集めて…とナレッジやソリューションが雪だるま式に増えていくという姿をイメージしていました。

 

 

――なるほど、御社が提供しているものの立ち位置が、いまの話でわかったような気がしたのですが、過去に言われてきたキーワードでいうと、「オールインワン」とか「トータルソリューション」、「マルチベンダー」、また、いまでいうところの「SaaS」の走りで「ASP」といった概念の一番大本にあるものと共通するように感じますが。

 

 

西田 その通りですね。リクルート時代でも私が好きだった言葉は「一気通貫」です。お客さまと伴走し、一気通貫のサービスによって、お客さまにさらなる価値をご提供するということですね。

 

 

――それをロボティクスのところで徹底的に、技術も開発していくし、各お客さまから出てきたニーズをどんどん載せていく。それが雪だるま式に膨らんでいくということですね。

 

 

西田 ですから、一気通貫は、かなり重要な考え方です。ロボットのこれまでの「システムインテグレーター」といわれるベンダーさんは、導入して完了なんですね。その後の運用はない。それは機械だからその通りなのですが、ただ現場環境がかなり変わっていく状況においては適切な運用に意味があると思っていますので、導入のコンサルティングも、マニュアル作成も、現場教育も、機械導入も、導入の後も補償対応や消耗品の手配も全部やるのが我々のやりたいことです。

 

 

――いまスタッフの数は何名くらいなのですか。

 

 

西田 取締役を含めて11名です。

 

 

――料金は、いわゆる定額型(サブスクリプション)になるのですか。

 

 

西田 基本的には3つを考えていただくとよいと思います。ひとつは導入時のコンサルティングです。ロボットは初めてだし、運用をどうしようかという話もあるし、本当にロボット入れて正しいのかと皆さん思っていらっしゃるので、試験機をつくって試験する。また、運用マニュアルをつくって実際に使ってみてもらって…という段階があります。

 

次にロボットのハードウェアです。業界的には、おそらく1,800万くらいシステムですが、当社のものは設計をかなり詰めたので、鬼のように安い(笑)。これはリース契約でご提供します。

その後に、運用サービスという部分があり、そこが「時給980円換算」という表現になっています。時給980円で全部できるわけではありません。

 

 

――それはそうだと思います。そもそもの設計というかプランニングのところがかなり肝ですよね。

 

 

西田 お客さまにとっても肝ですし、我々としてもいわゆる腕の見せ所です。

 

人間に活躍してもらう場所とロボットを使うべき場所を切り分ける。

――これから「チトセロボティクス社を通じてこういうことをやっていきたい」ということがあれば…。

 

 

西田 ご質問の趣旨とはズレてしまうかもしれませんが、そもそも日本は2060年までに3,240万人の生産年齢人口が失われるとされています。それまでにGDPを維持ないしは成長させないと社会保障が破綻するというのがこの国の現状だと私は思っていますが、そうなると生産性を劇的に上げるしかなく、そこでは少ない人数で大きな効果を発揮することが強く求められています。

 

この観点からすると、「移民や外国人労働者をもっと連れてこよう」という考え方は間違いで、労働生産性を高めるためには、機械化や自動化が必要であり、そのためにロボットがある、というのがいまの我々のロボットに対するスタンスです。

ただし、通常、ロボットを導入すれば初期費用がかかりますので、その負担をいかに感じさせずに、お客さまに労働力として使っていただくかに、我々は重きを置きたいと思っています。(工作機械の)ドリルを買う人はドリルがほしいのではなくて「穴」がほしいわけですが、それはロボットも同じです。

 

私は「コピー可能な機械の労働力」という表現が好きなのですが、機械をどんどん量産していって使うと全体としてのコストも下がりますし、運用がある程度自律的に行われていれば手間も少ないというのが、理想の労働力のあり方だと思います。

ですから、時間軸については周辺の状況にもよる部分にはあるのですが、「単調作業だったらロボットをもう入れるよね」という文化や考え方を、生産性が外国に比べて低いとされている業界にはもっていただきたいですね。90年代のやり方をアップデートせず、いまも続けているところもまだたくさんありますから、業務のやり方や工程自体をアップデートしていただきたいと思っています。

 

 

――そのとき、人間の役割はどうなっていくと考えていらっしゃいますか。

 

 

西田 人間がいなくなるとか、必要なくなるというのは、また違う話だと思っています。この先、生産年齢人口がどんどん減っていくのはもう避けられません。その分、働いている人たちがもっと価値あること、付加価値を生み出せる創造的な仕事に就くようになるために、また、何かをつくることのコストを最小化するためにロボットがあると私は考えています。

 

ですから、我々が常に追いかけているのは、ロボットの台数です。ロボットが1台でも増えれば、その分、1人の働き手が単純な労働から解放され、新しいことを見つけることができる。そうやって生産性が上がれば、少ない人数でたくさんのことができる。たくさんのことができればGDPが上がる。GDPが上がればそれで社会保障が回せて、いまみんなが不安に思っていることが解消できる状態をつくることができる。大きな話になってしまいましたが、そんな思いがあります。

 

 

――恒例のご質問なのですが、西田さんが考える経営者とは、どんな役割をするものでしょうか。

 

 

西田 そんな大上段から語れるようなことは何もありませんが…、恩師の川村教授にも言われたのは、「経営者の仕事をしているときは、ロボットを動かすよりも《ロボットを動かす人を動かすこと》が君の仕事だ」ということです。ロボットのことだと、つい「ぼくが開発しようか?」と言ってしまうのですが、「経営者の仕事はそこにあるんじゃないよ」と教えられて、私もその通りだと思っています。

 

 

――さて、最後のご質問ですが、今年はコロナで社会が一変しています。御社への影響はいかがでしたか。また、ウィズコロナを考えたときにどんなふうに世界をとらえていらっしゃいますか。

 

 

西田 コロナ禍で営業の方に見に来ていただく機会が減りましたが、それは皆さんがリスクをちゃんと抑えて活動されていた結果ですので、我々も当然のことと受け止めています。

 

ウィズコロナといわれている世界観のなかで自分たちの会社のあり方を考えるとしたら、言葉はあまりよくないのですが、「弾力性のある労働力運用」という表現が正しいのかなと。今回のように、お客様の現場で、一時的に売上がぐっと落ち込むような事態になったときに、もし当社のロボットを導入していれば、人件費の問題は解決できます。サブスクリプションですから、使わない間は電源を切り、チトセロボティクスにお金を払わなければいいだけです。我々としても、ロボットのそういった活用をご提案したいと思っています。

 

また、感染防止の意味でも、あるいは、何年か前に話題になった「バイトテロ」のようなリスクを小さくするためにも、人間に活躍してもらう場所とロボットを使うべき場所をぜひ切り分けてご検討いただけるとうれしいです。それが世の中に対する我々の立ち位置です。

 

 

――今日、初めてお話しさせていただいて、僭越ながら西田さんには、いろいろな場に出ていっていただきたいと思いました。これからのロボットのあり方などをいろいろな立場の人たちに語っていただけると、この世界の広がりの加速度合いもまた違ってくる気がします。

 

ところで、遠くない将来、御社によってロボットがもっと普及していったときに、ロボットの時給を扱うようなメディアをリクルートが出すかもしれませんね(笑)。

 

 

西田 ハハハ、そうですね(笑)。

 

 

――今回は、興味深い話をありがとうございました。

 

(構成・文/津田秀晴)

プロフィール

  • 西田 亮介氏

    株式会社チトセロボティクス  代表取締役 社長

    6歳からロボット製作を始める。立命館大学では、ロボット運動制御と画像認識を専攻。在学中より2度の起業と売却を経験。同大学院卒業後、リクルートに入社。新規事業領域において、アプリ開発からマネタイズまで一気通貫のビジネス開発に従事。 2018年、チトセロボティクス創業。大学で研究していた制御理論「ALGoZa」を中核とした制御ソフトウェアを開発。キャリブレーションフリーのロボットシステムを実現する。生産年齢人口の減少による労働力不足に対する解決策として、ロボット技術の活用に活路を見出し、ロボットを労働力として派遣するイメージから「いまこそ、ロボット労働力。」をスローガンとして事業を展開する。2020年7月よりロボット労働力のサブスクリプリョン「Chitose Robotics Service」を提供開始。時給980円の月額定額サービスにて提供している。東京都の最低賃金を下回る低コスト、初期費用・消耗品・メンテナンスなどのパッケージ化により、ロボットを使ったことのないユーザーでも手軽に導入できるメリットで、社会課題の解決を目指す。