TOP エグゼクティブの思考をDoubRingで可視化する 大人気ドラマ「半沢直樹」で改めて考える、会社と自分の関係

2020/09/15

1/1ページ

第1回

大人気ドラマ「半沢直樹」で改めて考える、会社と自分の関係

  • エグゼクティブの思考をDoubRingで可視化する
  • 著述家・ビジネスコンサルタント 細谷 功

大人気ドラマ「半沢直樹」は、改めて会社と従業員との関係や上司と 部下との関係を考えさせてくれます。

 

・従業員は会社の歯車なのか?はたまた「会社は会社、従業員は従業員」なのか?
・上司の言うことは絶対なのか?はたまた「上司は上司、部下は部下」なのか?

 

このような関係の多様性を可視化するツールがDoubRing(ダブリング)です。

 

2つの言葉の関係性を9パターンで表現してもらうことにより、どんな考え方が多数派なのか、自分は多数派なのか少数派なのかを定量的に知ることができます。

皆さんはどのパターンを選ぶのでしょうか?

 

以下の関係性について自分が適当と思うものを選んで下さい。

<今回のテーマ>
 
・「会社と自分」「上司と部下」
・「半沢直樹と会社(東京中央銀行)」「半沢直樹と上司」

それぞれの関係性についてどのような表現が適切でしょうか。「半沢直樹」を見ていらっしゃる方は後半の2問もご意見をお寄せください。
 
※30秒ほどで終える簡易なものですので、以下をクリックしてぜひご回答ください!

結果を集計の上、次回本特集内で発表いたします。お楽しみに!

 

プロフィール

  • 細谷 功

    著述家・ビジネスコンサルタント

    株式会社東芝を経て、アーンスト&ヤング、キャップジェミニ等の米仏日系コンサルティング会社にてコンサルティングにて製品開発や営業等の戦略策定や業務/組織/IT改革等に従事。近年は問題解決や思考力に関する講演やセミナーを企業や各種団体、大学等に対して国内外で実施。著書に『地頭力を鍛える』『アナロジー思考』(以上、東洋経済新報社)、『具体と抽象』(dZERO)、『具体⇄抽象トレーニング』(PHPビジネス新書)等がある。

 他の記事を読む

エグゼクティブの思考をDoubRingで可視化する

  • 第1回

    大人気ドラマ「半沢直樹」で改めて考える、会社と自分の関係