TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 「書く」にまつわる悩みが全部解決する“新しい文章術”/『書くのがしんどい』

2020/09/09

1/1ページ

第122回

「書く」にまつわる悩みが全部解決する“新しい文章術”/『書くのがしんどい』

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • PHP研究所 第二制作部ビジネス課 副編集長 大隅 元氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『書くのがしんどい』
本書の編集を手掛けられた、PHP研究所の大隅元氏に見どころを伺いました。

 

 

突然ですが、文章書くのって大変じゃないですか?

 

「君の文章は何が言いたいのかよくわからない」と言われて凹んだり、気の利いた表現・言い回しが浮かばず自己嫌悪に陥ったり、SNSで「いいね!」がつかなくてまた凹んだり。文章が書けなくてストレスを抱えている人は多いでしょう。

 

文章で悩むのは仕方がないことです。たいていの人は作文や論文の作法は教わっても、「人に伝わる文章」の書き方までは教えてもらっていません。せいぜい、「結論は最初に書け!」くらいでしょう。私も雑誌の編集記者になるまでは、伝わる文章の書き方なんて意識したこともありませんでした...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 大隅 元氏

    PHP研究所 第二制作部ビジネス課 副編集長

    2008年、PHP研究所に入社。法人営業、人材教育、月刊誌『Voice』編集を経て、現在はビジネス書・新書を制作。主な担当作は、『定年まで待つな!』(成毛眞箸)、『年金だけでも暮らせます』(荻原博子箸)、『労働2.0』(中田敦彦箸)、『トップも知らない星野リゾート』(前田はるみ箸)、『学びなおす力』(石川康晴著)、『ビジネスに活かす教養としての仏教』(鵜飼秀徳著)など。「1時間で読了できる勢いのある新書」「本棚に置いたらモテる!かっこいいビジネス書」づくりをモットーに、企画・編集からライティング、営業、PRまでこなす万能編集者。 ツイッターアカウント:@osumigen