TOP 戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから 「言うべきか、言わざるべきか、それが問題だ」:リモートワーク編

2020/08/27

1/1ページ

第1回

「言うべきか、言わざるべきか、それが問題だ」:リモートワーク編

  • 組織
  • 35CoCreation合同会社 CEO 桜庭 理奈氏

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >>

 

 

それは今年のGWの出来事でした。いよいよCOVID-19の影響があちらこちらでビジネスに影響が出てきて、ある企業では経営陣が一挙に集められ、緊急対策会議が連日のように予定されました。 

 

もうその頃には不要不急の外出は控えることは、世の中的にも言わずもがなの空気になっており、GW中は自宅でゆっくりする以外は特に予定もないし未曽有の危機こそ会社が一丸となって乗り越えていかなければならない状況で、闘志さえ燃やして「ここが踏ん張りどころ!」とばかりに使命感に燃え、自分を鼓舞し、早朝から夜までいつも以上に働いていましたこれ、まさしく私に実際起こったことです。 

 

みなさんが置かれていらっしゃる事業環境も多かれ少なかれ、この3-4か月はそのような‘緊急モード’でお仕事をされ、経営判断をクイックに下していかなければならない局面に置かれたのではないでしょうか。 

 

このような、いわゆる有事の状況を、ここまでの長い期間、トンネルの先の出口が明確に見え切らない中で、しかも同じオフィス空間や、文字通り’顔を突き合わせて’‘空気感じながら仕事ができないリモートワークの環境下で、普段よりも難しい経営判断をいつも以上にスピーディに下していかなければならないことに、私自身も多くの方々にとっても、初めて直面した状況だったのではないでしょうか。 

 

しかも、ここまで長く‘緊急モード’を続けていくことを、誰が予想できたでしょうか。 

一過性ではないことが分かった今の環境の変化の中で、これまで私たちが直面しなかった新たな組織課題が出てきていることに気づかされます。例えばこのような課題に頭を悩まされていないでしょうか。 

 

 

 1.緊急モードに振り切ったが、どのタイミングで、どのように通常モードへ戻っていったらいいか判断がつかず、今後の働き方の指針について、社内へのアナウンスや指示に戸惑い、コミュニケーションのタイミングが遅れてしまう 

 

2.今回やむを得ずリモートワークに踏み切ったが、今後続けていくにも制度やインフラが追いついておらず、オフィスに出社する働き方に結局戻ってしまったことで、社員からもがっかり感が漂っている 

 

3.今回の事でリモートワークの推進が一気に進んだが、今度は組織内で起こる心理的な距離を遠隔でどのように縮めながら、互いの信頼を...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 桜庭 理奈氏

    35CoCreation合同会社 CEO

    外資系金融企業での営業・企画推進を経て、人事へキャリアチェンジ。複数の外資系企業において、多国籍な職場環境で戦略的な人事を担当。2016年、アジアパシフィック地域統括の戦略人事担当として、外資系医療メーカーのGEヘルスケア ・ジャパン株式会社へ参画。2017 年より同社日本法人の人事本部長、2019年より執行役員として着任。2019年より組織開発コンサルティング活動をパラレルで開始し、2020年5月より35 CoCreation (サンゴ コ・クリエーション)合同会社を設立し、人事部&人事部長不在の多様な組織間で、CHRO(チーフ・HRオフィサー)人材のシェアド・リソース・サービスを提供する、人財プラットフォーム事業の代表を務める。愛知県出身。趣味はダイビング。