TOP ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術 未来を創るプレゼン――最高の「表現力」と「伝え方」

2020/08/06

2/2ページ

第75回

未来を創るプレゼン――最高の「表現力」と「伝え方」

  • ビジネススキル
  • キャリア
  • ウェイウェイ 代表取締役 ヤフー コーポレートエバンジェリスト Yahoo ! アカデミア学長 伊藤羊一氏
  • 圓窓 代表取締役 澤円氏

 

解像度を上げるためには、集中して物事をみる必要があります。結果的に理解度が高まり、多くの情報を脳内に蓄積することができます。また、「ファクトベース=事実に基づく思考」で話すことができるようになります。そして、多くの情報を蓄積すると、未来への仮説を数多く立てられるようになります。

 

先ほどのミスを指摘する話を例にとれば、「単にミスしたことを明らかにする」だけではなく「今後ミスをしないようにする手助けをする」という、すてきな未来創りの話ができるのです。

 

ぼんやりとした表現をしがちな人は、物事を「なんとなく知っていて」「深く理解していない」という状態です。

 

私は自分が開催するワークショップで、参加者の人たちに記憶だけでトトロの絵を描いてもらいます。大抵の場合、トトロからはかけはなれた謎の生命体が生み出されます。でも、参加者の人たちはトトロの絵を見ればすぐに「これは本物のトトロだ」と分かりますし、にせものの絵を見れば「なんだこれは」と言って笑います。

 

いざ描いてみようとすると、自分の絵の出来栄えにがくぜんとして「知っているけれど再現できるほどに姿を理解していなかった」ということを実感できるのです。

 

ぜひ、ご自身の日々の生活の解像度を上げてみてください。そうすることで、もっとすてきな未来をきっと創ることができるようになります。

 

◆「未来を創るプレゼン」について(伊藤 羊一)

この本は、澤円さんと私、伊藤羊一による共作です。澤さんも私も、年間300回レベルで人前で話しており、言ってみれば「プレゼンのプロ」であります。その2人が書いた「未来を創るプレゼン」という本なので、「プレゼン」のスキル、テクニック満載! という本に見えることでしょう。

 

スキルやテクニックも、お互い少ーしだけ語ってはいますが、この本でもっと大事にしているのは、説得力の源泉である、その人の「生き様」「在り方」についてであります。「生きること」と「語ること」っておんなじだ、ということですね。「人前で語るのが苦手」と思われる方は、読んでみてください。テクニックに頼らずとも、あなたの「プレゼン」は変わります。

他の記事も読む。60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

■書籍情報

『未来を創るプレゼン』
著者:伊藤 羊一、澤 円
出版社:プレジデント社
価格:1,100円(税込)

 

この記事は、アイティメディア株式会社の許諾を得て
「ITmediaエグゼクティブ『ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術』」
の連載から転載したものです。無断転載を禁じます。
Copyright(C)ITmedia,Inc. All Rights Reserved.

 

 

キャリア・ビジネスに役立つ!最新記事一覧 >

 

 

1

2

プロフィール

  • 伊藤羊一氏

    ウェイウェイ 代表取締役 ヤフー コーポレートエバンジェリスト Yahoo ! アカデミア学長

    1990年日本興業銀行入行、企業金融、事業再生支援ほかに従事。2003年プラス株式会社に転じ、流通カンパニーにてロジスティクス再編、グループ事業再編などを担当した後、2011年執行役員マーケティング本部長、2012年より同ヴァイスプレジデントとして事業全般を統括。2015年4月ヤフー株式会社に転じ、次世代リーダー育成を行う。グロービス経営大学院客員教授。武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(武蔵野EMC)の立ち上げ準備中、2021年開設時には学部長就任予定。 著書「1分で話せ」「0秒で動け」「やりたいことなんて、なくていい」「未来を創るプレゼン(共著)」

  • 澤円氏

    圓窓 代表取締役

    立教大学経済学部卒。生命保険のIT子会社勤務を経て、1997年、外資系大手IT企業に転職。ITコンサルタントやプリセールスエンジニアとしてキャリアを積んだのち、2006年にマネジメントに職掌転換。幅広いテクノロジー領域の啓蒙活動を行うのと並行して、サイバー犯罪対応チームの日本サテライト責任者を兼任。 現在は、数多くのスタートアップの顧問やアドバイザを兼任し、グローバル人材育成に注力している。2019年10月10日より、圓窓 代表取締役就任。企業に属しながら個人でも活動を行う「複業」のロールモデルとなるべく活動中。また、美容業界やファッション業界の第一人者たちとのコラボも、業界を超えて積極的に行っている。テレビ・ラジオ等の出演多数。Voicyパーソナリティ。琉球大学客員教授。