TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 部下から休日に誘われたことはありますか?/『リーダーを目醒めさせるキラー・クエスチョン』

2020/08/17

1/1ページ

第119回

部下から休日に誘われたことはありますか?/『リーダーを目醒めさせるキラー・クエスチョン』

  • 組織
  • 経営
  • 株式会社かざひの文庫 代表取締役 磐﨑文彰氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『リーダーを目醒めさせるキラー・クエスチョン』
本書の編集を手掛けられた、かざひの文庫の磐﨑文彰氏に見どころを伺いました。

 

 

この本の制作中、「そういえば部下から休日に誘われたことなんてあったかな」と思い、ドキッとした。
今では一人で気ままに仕事をしているが、かつては会社勤めで何人か部下もいた。
あの頃、自分はリーダーとして機能していたんだろうか、部下を正しく導けていたんだろうか、会社の役に立っていたんだろうか……。そんなことを何度も考えさせられた。

 

この本にはそんな、部下を持つリーダーたちをハッとさせる、39の質問が書かれている。
それらは現代のリーダーにもっとも求められている、「より良い人間関係を築く力」、すなわちコミュニケーション力を身につけるために必要な自分への...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 磐﨑文彰氏

    株式会社かざひの文庫 代表取締役

    大学卒業後、出版社にて週刊誌の編集を行う。その後、ワニブックスやランダムハウス講談社などを経て2013年独立。かざひの文庫ではこれまでに60冊以上の書籍を出版。ジャンルは歴史、健康、ビジネス、自己啓発など。『はじめてのホツマツタヱ』(今村聰夫)、『はじめての日月神示』(中矢伸一)、『深読み古事記』(戸矢学)、『ころころ古事記』(松尾たいこ)、『正しい玄米食、危ない玄米食』(鶴見隆史)、『脳から見た日本精神』(篠浦伸禎)、『目標達成の神業』(馬場啓介)、『コーチングのプロが教える超実践型1 on 1』(森真貴子)、『心を洗う断捨離と空海』(やましたひでこ・永田良一)、『50歳からのいい女』(TAKAKO)など。