TOP イマ、ココ、注目社長! 少量のデータでリアルタイムに学習するAIが、分散型社会を実現!様々な業界の一極集中問題を解決したい。

2020/07/15

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第100回

少量のデータでリアルタイムに学習するAIが、分散型社会を実現!様々な業界の一極集中問題を解決したい。

  • 注目企業
  • 経営者インタビュー
  • 組織
  • 経営
  • 株式会社QuantumCore(クアンタムコア)  代表取締役 CEO 秋吉 信吾氏

 

現役一流経営者の記事が読める!60秒で簡単メンバー登録はこちら  >

 

 

AIといえば、その主流はディープラーニングですが、ディープラーニングは膨大な学習データ量を必要とするため、対応できない領域もあります。例えば、個人データ(ヘルスケア、話者認識など)や、工業現場(異常の発見、機械制御など)、また自然現象など複雑すぎる問題では、諸事情から取れるデータが少なすぎて、高精度のモデルの作成は困難でした。

そうした課題を「レザバーコンピューティング」を活用することで解決し、《少量学習データで超高速・高精度、かつ簡単・安価な》ソリューションを提供しているのが『株式会社QuantumCore(クアンタムコア)』です。同社代表取締役CEO・秋吉信吾氏に話をうかがいました。

 

(聞き手/井上和幸)

 

 

ディープラーニングでは対応できない分野で大きな強みを発揮。 

秋吉さんは、大学院(修士課程)を修了後、2010年にエキサイト株式会社に入社。それと並行して、2012年から独学でディープラーニングの研究を始めました。2014年に移ったスタートアップスタジオMistletoeミスルトウ)株式会社では、創業者の孫泰蔵氏からその研究が評価されて、音声・画像認識、文書要約、エージェントシステムなどの研究開発を担当ています 

実は、秋吉さんは学部生時代にスタートアップに短期間関わったことがありそのときの経験があまりにも大変だったため、就職する前には起業は一旦いいかなという気持ちになっていとのこと。ところが、Mistletoeで孫泰蔵氏のビジョンに触発さるなどして、「2020年までには自分の事業を持ちたい」という気持ちになっていったといいます。 

 

その後、株式会社デジタルガレージを経て、2018年に株式会社QuantumCoreを設立。ディープラーニングの次を担うとされる、レザバーコンピューティングを活用した新しい次世代多変量時系列処理(RNN)ソリューションを提供ています。 

 

Reservoirは貯水池という意味でレザバーコンピューティングはリカレントニューラルネットワーク(Recurrent Neural Network:RNNの一種で、最近新たな機械学習方式として注目されている。入力層、中間層(リザーバー層)、出力層(リードアウトニューロン層)の3層で構成される教師あり学習を行う。...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 秋吉 信吾氏

    株式会社QuantumCore(クアンタムコア)  代表取締役 CEO

    小学校低学年の頃よりマイコンによるコンピュータプログラミングを始め、 その後、ロボット型検索エンジンに出会い、大きな感銘を受ける。 大学院で自然言語処理の研究に従事した後、エキサイト株式会社に入社し、 自然言語処理を活用した新規サービスの開発、検索エンジン導入プロジェクトなどを担当。 また2012年ごろから深層学習を独学、その後Mistletoe株式会社に入社し、 音声/画像認識、対話エージェントなどAI関連技術のR&Dを担当。 2018年当社設立。現在、コア技術の研究部門の直接統括を通じた経営戦略への橋渡しと、 全PoCプロジェクトに対し横串で監修。 今良くも悪くも大きく生活様式が変わろうとしている世界を見据え、 これまでのビッグデータによる作りきりのモデルではなく、 全く新しいスモールデータによる個人・環境特化型のAIの時代を作るべく、 日々活動している。