TOP スペシャルコラムドラッカー再論 いま求められる「イノベーションのマネジメント」についての、ドラッカーの見立てとは。

2020/07/06

1/1ページ

第226回

いま求められる「イノベーションのマネジメント」についての、ドラッカーの見立てとは。

  • ドラッカー再論
  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

新型コロナ渦が世界中の社会、企業(、もちろん行政組織なども)に要請していることは、「ニューノーマル(新常態)」への待ったなしの対応だ。
ある意味、今ほどイノベーションが求められているときはないと言っても過言ではないだろう。

 

「マネジメントについてのあらゆる文献がイノベーションの必要を説く。強調もしている。ところが、イノベーションを促進し、方向づけし、成果をあげさせるために、マネジメントや組織構造はいかにあるべきか、何をなすべきかについてはほとんど言及していない。」(『マネジメント–-課題、責任、実践...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。