TOP イマ、ココ、注目社長! 飲食店のEC参入と運用をフルサポート。「飲食・物流・消費」の新しい食文化を創造する。【前編】

2020/07/01

1/3ページ

第96回

飲食店のEC参入と運用をフルサポート。「飲食・物流・消費」の新しい食文化を創造する。【前編】

  • イマ、ココ、注目社長!
  • 経営者
  • 組織
  • 経営
  • スターフェスティバル株式会社 代表取締役 CEO 岸田 祐介氏

 

現役一流経営者の記事が読める!60秒で簡単メンバー登録はこちら  >

 

 

スターフェスティバル株式会社(2009年7月創業)は、日本最大級の「フードデリバリー総合モール」を運営し、飲食店のEC参入と運用を支援する会社です。商品開発から配達まで、「製造」以外のすべてをサポートすることで、飲食店、物流業、消費者にとっての新しい食文化の創造を目指しています。創業者の岸田祐介代表取締役CEO に、創業の経緯やビジョン、ウィズコロナ時代に企業が必要とされるものなどについて話をうかがいました。 

 

(聞き手/井上和幸)

 

 

 

岸田さんは兵庫県の出身。学生時代アルバイトをしていたカラオケ店閉店時間(早朝~午前中)の店を社長から間借りして起業し、成功したことで、ビジネスの面白さに目覚めといいます 

その後は、商社を経て、2002年に25歳で『楽天株式会社へ入社。「楽天デリバリー」事業立ち上げや、『東北楽天ゴールデンイーグルス球団創業など携わりました。 

2009年4月に個人事業インターネット専業の宅配弁当店「南青山惣助」を創業。テストマーケティングで手応えをつかんだ同年7現在のスターフェスティバル株式会社を設立しています。 

インタビューの前編では、起業するまでの経緯や創業当初の話をうかがっています。 

 

アルバイト先でリスクを負って起業し、事業の面白さに目覚める 

――25歳で『楽天』に転職されたときには、入社2日目には「30歳で会社を辞めて起業する」と決められたとか。まず初めに、岸田さんが起業や事業に興味を持たれたきっかけからお伺いできますか。  

 

 

岸田 いくつかありますが、最初は大学入ってすぐにカラオケボックスでアルバイトをしたときのことです。時まで働いていたのですが、お店を閉めていると、夜の街から黒い服を着たお兄さんときらびやかな洋服を着たお姉さんたちが、仕事を終えて出てくるんですね 

 

私が店を閉めている最中に、彼らは今からカラオケ行くぞ~」と叫びながら街を歩いている。その姿を見て、これはお店を開けるべきなんじゃないか? なぜ閉めるんだろう?」と思ったのが19歳の純粋な気持ちでした。 

 

それを社長に提案したのですが、なかなか話が伝わらないので「じゃあ、私にやらせてください」と私がリスクを取り、朝5時から昼の12時までの家賃と経費を支払って、店をやることになりました。 

 

 

――学生ですごいですね!どうなりましたか? 

 

 

岸田 当然、大成功するんですよ。お客さまがいることがわかっているわけですからね。「こんなことをやったら人が来てくれるんじゃないか? 」と19歳なりに考えて、何もわからない中でやってみた結果、たくさんのお客さまが来て、とても楽しそうに歌ってお昼くらいに泥酔状態で帰っていく。そして、帰ったあとにお店のレジを開くと、開店前よりもお金が増えているわけです。そうしたすごく単純な経済の仕組みを経験して、「面白いなあ」と感じました。 

 

もう1つは、その後、百貨店に商品を卸している会社で働いていたときのことです。商社が扱う商用ゴミ、例えば、破れたショッピングバッグや有名なブランドの紐などを店から譲ってもらって、オークションで転売してみたんです。当時インターネットオークションが流行り始めた時代だったのですが、これがものすごい値段で売れたんです。 

 

 

――興味深いですね。世の中には、そういった商売感覚を持てる人と持てない人がいると思うのですが、その違いを考えるときに、この取材でもよく話に出るのが育った家庭環境です。岸田さんの場合はどういうご家庭だったのですか。 

 

 

岸田 たぶん遺伝的に、そういう血はあると思います。父親も起業していましたし、祖父も先祖代々小さいながらも何かしら事業を営んでいましたから。 

 

 

――『スターフェスティバル』は弟さんと始めたそうですが、どのような経緯だったのですか。 

 

 

岸田 楽天を辞めて、久しぶりに実家に帰って、「起業するわ」と親に話したときに、ちょうど「弟が仕事を辞めて転職先を探している」という話になって、「じゃあ、一緒にやるか」と。それだけですね。弟は、個人的な趣味でパソコンをよく使えるだったんです。 

 

1

2

3

プロフィール

  • 岸田 祐介氏

    スターフェスティバル株式会社 代表取締役 CEO

    兵庫県丹波篠山市生まれ。 2002年10月に楽天株式会社へ入社。出前専門のインターネットモール「楽天デリバリー」事業を立ち上げる。2004年9月の楽天のプロ野球参入に伴い、社内公募により50年ぶりの新球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」の創業メンバーとして球団設立に携わる。チケット・ファンクラブ事業の責任者をはじめ、球場への動員責任者として創業初年度の黒字化に貢献。2009年4月に世田谷区のワンルームで個人事業としてインターネット専業の宅配弁当店「南青山惣助」を創業。同年7月、スターフェスティバル株式会社を設立する。フードデリバリーのプラットフォーム「ごちクル」「スタデリ」、物流事業「スタロジ」の企画運営をはじめ、食を軸にした数々の事業を展開する。法人向けなどBtoBフードデリバリーシーンへのフードデリバリーを主とするが、有事の際に公益事業会社、自治体などと連携し食事を届けるなどもしている。2019年ぐるなびのフードデリバリー事業統合、2020年6月楽天デリバリ一部業務受託など法人向けフードデリバリーとして業界最大級規模に。