TOP イマ、ココ、注目社長! 飲食店のEC参入と運用をフルサポート。「飲食・物流・消費」の新しい食文化を創造する。【前編】

2020/07/01

1/1ページ

第96回

飲食店のEC参入と運用をフルサポート。「飲食・物流・消費」の新しい食文化を創造する。【前編】

  • 注目企業
  • 経営者インタビュー
  • 組織
  • 経営
  • スターフェスティバル株式会社 代表取締役 CEO 岸田 祐介氏

 

現役一流経営者の記事が読める!60秒で簡単メンバー登録はこちら  >

 

 

スターフェスティバル株式会社(2009年7月創業)は、日本最大級の「フードデリバリー総合モール」を運営し、飲食店のEC参入と運用を支援する会社です。商品開発から配達まで、「製造」以外のすべてをサポートすることで、飲食店、物流業、消費者にとっての新しい食文化の創造を目指しています。創業者の岸田祐介代表取締役CEO に、創業の経緯やビジョン、ウィズコロナ時代に企業が必要とされるものなどについて話をうかがいました。 

 

(聞き手/井上和幸)

 

 

 

岸田さんは兵庫県の出身。学生時代アルバイトをしていたカラオケ店閉店時間(早朝~午前中)の店を社長から間借りして起業し、成功したことで、ビジネスの面白さに目覚めといいます 

その後は、商社を経て、2002年に25歳で『楽天株式会社へ入社。「楽天デリバリー」事業立ち上げや、『東北楽天ゴールデンイーグルス球団創業など携わりました。 

2009年4月に個人事業インターネット専業の宅配弁当店「南青山惣助」を創業。テストマーケティングで手応えをつかんだ同年7現在のスターフェスティバル株式会社を設立しています。 

インタビューの前編では、起業するまでの経緯や創業当初の話をうかがっています。 

 

アルバイト先でリスクを負って起業し、事業の面白さに目覚める 

――25歳で『楽天』に転職されたときには、入社2日目には「30歳で会社を辞めて起業する」と決められたとか。まず初めに、岸田さんが起業や事業に興味を持たれたきっかけからお伺いできますか。  

 

 

岸田 いくつかありますが、最初は大学入ってすぐにカラオケボックスでアルバイトをしたときのことです。時まで働いていたのですが、お店を閉めていると、夜の街から黒い服を着たお兄さんときらびやかな洋服を着たお姉さんたちが、仕事を終えて出てくるんですね 

 

私が店を閉めている最中に、彼らは今からカラオケ行くぞ~」と叫びながら街を歩いている...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 岸田 祐介氏

    スターフェスティバル株式会社 代表取締役 CEO

    兵庫県丹波篠山市生まれ。 2002年10月に楽天株式会社へ入社。出前専門のインターネットモール「楽天デリバリー」事業を立ち上げる。2004年9月の楽天のプロ野球参入に伴い、社内公募により50年ぶりの新球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」の創業メンバーとして球団設立に携わる。チケット・ファンクラブ事業の責任者をはじめ、球場への動員責任者として創業初年度の黒字化に貢献。2009年4月に世田谷区のワンルームで個人事業としてインターネット専業の宅配弁当店「南青山惣助」を創業。同年7月、スターフェスティバル株式会社を設立する。フードデリバリーのプラットフォーム「ごちクル」「スタデリ」、物流事業「スタロジ」の企画運営をはじめ、食を軸にした数々の事業を展開する。法人向けなどBtoBフードデリバリーシーンへのフードデリバリーを主とするが、有事の際に公益事業会社、自治体などと連携し食事を届けるなどもしている。2019年ぐるなびのフードデリバリー事業統合、2020年6月楽天デリバリ一部業務受託など法人向けフードデリバリーとして業界最大級規模に。