TOP イマ、ココ、注目社長! 業界初「正答率95%保証」のAIチャットボットを皮切りに、次世代デジタルCSの指針になる。

2020/06/24

1/1ページ

第95回

業界初「正答率95%保証」のAIチャットボットを皮切りに、次世代デジタルCSの指針になる。

  • 注目企業
  • 経営者インタビュー
  • 組織
  • 経営
  • カラクリ株式会社 代表取締役 CEO 小田 志門氏

 

現役一流経営者の記事が読める!60秒で簡単メンバー登録はこちら  >

 

 

カラクリ株式会社(2016年創業)は、正答率95%保証のAIチャットボットをはじめとしたカスタマーサポート特化AIKARAKURIシリーズを提供する会社です。チャットボットとは、ロボットによる自動会話プログラムのことで、エンターテインメントからカスタマーサポートまで幅広い分野で利用されています。 

 

カスタマーサポートに関して言えば、コールセンターでは、「入社初月」の退職率が約50に達するなどの慢性的な人手不足やコロナ禍における「極限三密状態」が指摘されており、多くの課題を抱えていますしかし、あらゆるサービスのオンライン化が進む中で、カスタマーサポートは、デジタル社会のインフラといっても過言ではありません。重要な役割を担うカスタマーサポートの課題解決するため次世代デジタルカスタマーサポートの指針にな目標を語る、小田志門・同社代表取締役CEOに話をうかがいました。 

 

(聞き手/井上和幸)

 

 業界初「正答率95%保証」のAIチャットボットを提供。 

小田志門社長は、1980年京都府生まれ。2003年、新卒でモバイルコンテンツの会社に就職し、営業を担当しました 入社3年目に、会社がサイバーパトロール部門を独立させることになり、その立ち上げと経営を任されますイーガーディアン株式会社)。 

3人で始めた同社は、2010東京証券取引所マザーズに上場役員を務め2015年までに、売上30億、従業員650の規模になり、翌年には東証一部へ市場変更を果たしましたが、小田さんは、自分で一から事業をつくっていことにもう1回チャレンジしたい」という気持ちが沸き上がる中、今の創業メンバーと出会ったことで起業を決意2017年にAIビジネス開発を支援するカラクリ株式会社、正式にジョインしました。 

 

――設立時の社名は『bot dock』だったそうですね。サービスやプロダクトはその後のつくり込みがあったと思いますが、名前から見て、「こういうことをやるぞ...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 小田 志門氏

    カラクリ株式会社 代表取締役 CEO

    1980年京都府生まれ。2007年よりサイバーパトロール・インターネットのコールセンターBPOのイー・ガーディアン株式会社にて、取締役として営業部門、情報システム部門を担当。インターネットサービスやゲームアプリなどのコミュニティのモニタリング・パトロールや、コンタクトセンターサービスの提供などに従事。2017年10月にAIビジネス開発を支援するカラクリ株式会社のCEOに就任。