TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 世界80万キロを行脚した未来学者が予測した「これからの経済」。/『未来化する社会』

2020/06/29

1/1ページ

第110回

世界80万キロを行脚した未来学者が予測した「これからの経済」。/『未来化する社会』

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • ハーパーコリンズ・ジャパン 一般書籍編集部 シニア・エディトリアル・マネジャー 小野寺志穂氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『未来化する社会』
本書の編集を手掛けられた、ハーパーコリンズ・ジャパンの小野寺志穂氏に見どころを伺いました。

 

 

進歩と富は公平に分配されるわけではない。グローバル化とイノベーションの次の波は、大勢を貧困に逆戻りさせるかもしれず、世界中の中流層にとってつらいものになるだろう――

 

著者アレックス・ロスが、本書の「はじめに」でそう予言したのは2016年初頭。第一次オバマ政権で外交政策とイノベーションの専門家として活躍したロスは、当時国務省長官だったヒラリー・クリントンの側近として世界各国80万キロを行脚し、テクノロジーが経済や社会にもたらす変化のスピードを最前線で見つめてきた人物だ。

 

日本版の刊行は2016年の4月。それから4年の月日がたったいま...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 小野寺志穂氏

    ハーパーコリンズ・ジャパン 一般書籍編集部 シニア・エディトリアル・マネジャー

    一般書籍市場で世界第2位の規模を誇るハーパーコリンズ・パブリッシャーズ(本社NY)の日本支社で、ビジネス・ノンフィクション/海外文芸部門の編集長として、グローバルな視点の書籍を多数紹介している。担当書籍に、『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』クレイトン・M・クリステンセン他、依田光江[訳]、『食卓の経営塾 DEAN & DELUCA 心に響くビジネスの育て方』横川正紀など。