TOP スペシャルコラムドラッカー再論 企業成長のために、すべき準備と経営者の決断。

2020/06/22

1/1ページ

第224回

企業成長のために、すべき準備と経営者の決断。

  • ドラッカー再論
  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

企業にとって自社の成長のための機会がいつ訪れるかは予測できないとドラッカーは言う。予測、計画したいのが我々経営者の切なる想いではあるが…。

 

「しかし準備はしておかなければならない。準備ができていなければ、機会は去り、他所の門を叩く。」(『マネジメント–-課題、責任、実践』、1973年)

 

成長の起爆剤となり得る事業シーズを蓄積する、平素からの研究開発や案件実施の量はやはり重要だ。それに加えて、自社の組織・スタッフが「成長すること」への備えがなければならない。

 

...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。