TOP イマ、ココ、注目社長! ウィズ・コロナの世の中でも日本中の子どもたちが安定的に楽しく学べるプラットフォームづくりを目指す。

2020/06/17

1/1ページ

第94回

ウィズ・コロナの世の中でも日本中の子どもたちが安定的に楽しく学べるプラットフォームづくりを目指す。

  • 注目企業
  • 経営者インタビュー
  • 組織
  • 経営
  • 株式会社 ハグカム 代表取締役 道村弥生氏

 

現役一流経営者の記事が読める!60秒で簡単メンバー登録はこちら  >

 

 

ビジネスパーソンにはすっかりおなじみの感があるオンライン英会話ですが、こと子どもの習い事となると、いまだに通学制のリアルスクールの方に分があるようです。そんな中、半年継続率90%という驚異の実績を持つのが、子ども向けオンライン英会話「GLOBAL CROWN」です。 

 

運営する株式会社ハグカムの代表取締役・道村弥生さんは、<子どもの「できた!」を育む。>というビジョンの元、起業から今日までの4年間、日々飽くことなくサービスの向上に心血を注ぎ続けて来ました。 

 

初期のキャリアをサイバーエージェントグループで培いながら、起業を決意するまでに積み重ねてきた経験について、そしてオンライン学習には絶好の追い風が吹いてきた昨今、ウィズ・コロナ、ポスト・コロナ時代の教育をどのように見据えているのかうかがってみました。 

 

 

(聞き手/井上和幸)

 

「経営者なんて絶対にムリ」だったはずが… 

――もともと起業をしたいという想いはそれほど強くなかったとか 

 

道村 はい。自分が経営者になるなんて絶対にムリだと思っていました。ただ、新しいサービスやもの作りをして世の中に発信したり、新しい価値観が生み出せる仕事に興味はあったので、就職活動も「新規事業に注力している会社」を軸にエントリーしてしました。 

 

――そうして入社したサイバーエージェントでは、本体ではなくいきなり子会社の方へ。 

 

道村 当時からサイバーは子会社をたくさん作っていて、その中の1つです。メンバーは、社長が4年目、取締役が3年目、2年目の先輩がいて私が新人という構成。人数が少ないところのほうが経験値も上がりますし、裁量権も持てるだろうと考えて子会社を選びました。 

 

――いいですねぇ。サイバーエージェントは当時から若手にも手をあげさせて、新規事業のリーダーや子会社のトップを任せていたと記憶しています。 

 

道村 はい私も3年目で子会社の立ち上げをさせていただきました。当時は、ガラケーからスマホに切り替わるタイミングで、スマホ向けのゲームを開発する子会社をサイバーはいくつも立ち上げていました。その中の1社の社長をさせていただくことになったんです。 

 

――「経営者になるなんて絶対ムリ」と言っていた方が、社会人3年目で社長を経験。やってみていかがでしたか? 

...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 道村弥生氏

    株式会社 ハグカム 代表取締役

    明治大学商学部卒業後、2007年にサイバーエージェントに新卒入社。 営業、子会社経営、人事、サービスプロデュースなどに従事。多くの学生や新社会人と会う中で、幼少期の原体験がその後の人生に大きな影響を与えていると実感し、2015年に株式会社ハグカムを設立。 自身も両親と祖父母の全員が教師という教師家庭で育った経験から、 <子どもの「できた!」を育む。>をビジョンに掲げ、いつでもどこでも子供にとって恩師のような先生に出会えるオンラインスクール事業を展開。 子ども向けオンライン英会話サービス「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」を家庭向けと法人向けに提供している。今後は、好奇心を育むオンライン教育プラットフォームを目指す。 プライベートでは2児の母。