TOP とことん観察マーケティング 【第3弾】怒涛のように流れてくるマーケティングニュースを味わおう

2020/06/10

1/1ページ

第36回

【第3弾】怒涛のように流れてくるマーケティングニュースを味わおう

  • マーケティング
  • 経営
  • 有限会社オフィスフレンジー 代表/株式会社 鎌倉新書 執行役員・マーケティング部部長 野林徳行氏

 

プロフェッショナルな専門家の記事が読める!60秒で簡単メンバー登録はこちら >

 

 

野林徳行です。「KEIEISHA TERRACEにてマーケティングコラムの連載をさせていただております 

 

36回目のコラムです。多くの企業の課題は「カスタマーを知る」を後回しにしてしまうこと。「企業とは誰をどうやって幸せにするか」。そのミッションとKPI管理が一本になっていない時にたくさんの問題が起こります。つねに「カスタマーを知る」を意識しましょう。 

今回は、私が顧問先に共有を続けているマーケティングニュースからウィズ・コロナで変わる傾向を一部抜粋しました 

 

ウィズ・コロナの生活では2つの重要な方向性があります。 

 

1つは「オンライン」「リモート」ECといったもの。みなさんも経験している通りで、働き方を含めて元には戻らず進化を遂げます。この間の経験で、集まる必要のない会議の存在、ツールの進化によって不便ではなくなったコミュニケーションは実感しているところです。 

会議、飲み会だけでなく、ZOOMではグループディスカッションも機能的に行えていますね。新規営業や、飛んだ発想ひねり出し大会などにはまだ課題はあると思いますが、かなり進化しました。 

もう一方は、小売り・居酒屋、そしてライブなどのリアルの場です。ここは復興までには時間もかかるでしょうし、新しいルールに変更されながら進むと思われます。ここには、実施するための工夫が必要ですし、オンラインとの組み合わせも必要になってきます。大きな変革が求められます。 

 

それでは、5月のプロモーションニュースを見てみましょう。 

 

 <リアルのオンライン化関連ニュース 

 

・電通PR、オンライン記者会見などをはじめとした”オンライン”コミュニケーション支援体制を強化 

・LINEがクループ通話に画面・YouTube共有機能を追加、スマホ6人、iPad9人の同時顔表示も可能に 

・ファッション・コスメ業界のリモートで展示会が開催できるサービス「REMOTEN(リモテン)」ローンチ 

・BMW は eスポーツ に資金をつぎ込んでいる:「主要なマーケティングを担うことになるだろう」 

・トランスコスモス、パーソナライズ化されたチラシ情報を配信する「LINEチラシ」の取り扱いを開始 

・全国のテイクアウト対応店舗をLINE上で探せるサービス「Lテイクアウトサーチ」をリリース。 ...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 野林徳行氏

    有限会社オフィスフレンジー 代表/株式会社 鎌倉新書 執行役員・マーケティング部部長

    1964年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。1987年リクルート入社。経営企画、事業戦略、商品企画、プロモーションプランニングなどを担当し、カスタマーを知ることに徹底的にこだわった行動で各事業の業績向上に寄与。ブックオフコーポレーションへの出向を経て、2003年ローソン入社。執行役員としてマーケティング、エンタテイメント、商品開発を担当し、数々のヒット企画を生み出した。2010年ローソンエンターメディア代表取締役社長に就任。2012年レッグス入社。CMOとしてキャラクターを活用した販売促進を強化。2016年FiNC CMO就任。人工知能を活用したヘルスケアアプリのマーケティングを推進。現在はブックオフコーポレーション取締役、高木学園マーケティング講師。著書「とことん観察マーケティング」をベースにした講演などを実施中。