TOP 経営幹部・エグゼクティブのためのキャリア&転職を考える 経営人材の「3つの力」をどう鍛えるか・・・”描く”、”決める”、”やりきる”

2020/06/08

1/1ページ

第2回

経営人材の「3つの力」をどう鍛えるか・・・”描く”、”決める”、”やりきる”

  • 経営幹部・エグゼクティブのためのキャリア&転職を考える
  • キャリア・働き方
  • 株式会社 経営者JP ゼネラルマネジャー 畑 圭一郎

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

こんにちは。 経営者JP畑です。 

 

昨今のコロナ禍によりリーダーの一挙手一投足に改めて注目が集まっています。 

長年、経営人材を研究してきた当社では、以前から経営人材に必要な5つの力(描く・決める・やり切る・まとめる・学び続ける)を提唱してきました。 

なかでも企業規模に関係なく(1人の会社から数万人の会社まで)、成果を挙げている経営者は必ず3つの力(描く力・決める力・やり切る力)を保有しています。 

今回はこの3つの力にフォーカスし、どのようにすれば3つ...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 畑 圭一郎

    株式会社 経営者JP ゼネラルマネジャー

    1981年京都府生まれ。2004年中京大学体育学部卒業後、株式会社三越入社。「俺が三越を変えます!」と面接時に言い放ち、そのバイタリティを評価され華麗に入社するも、理想と現実の中で自分の力不足を痛感し、葛藤する。また、自分以外にも多くの人が理想と現実の中で葛藤し、自分の持っているパフォーマンスを発揮できずに悩んでいることを知り、2008年、『人と組織と社会を元気にしたい!』という想いで、人材開発・組織開発のコンサルティング会社に転職。「顧客との信頼関係」「真の顧客視点(クライアントの言いなりにならない)」「本質的な質問による丁寧なコンサルティング」の3点をモットーにクライアントの組織上の課題解決の支援に携わる。クライアントからは「畑さんと話すと頭の中が整理できる」「自社の事を本当に親身になって聞いてくれる」「一つ一つの言葉から『想い』が伝わる」などの全幅の信頼を勝ち取る。結果的に、それまで他のコンサルタントが受注の難しかった大型案件の獲得や難易度の高い案件の獲得に繋がり、常時トップの営業実績を誇る。また、これまでに約1000名のビジネスパーソンとお会いする中で、組織の中で活躍できるビジネスパーソンが共通して身につけている【サクセス3ポイント】があることを学びとる。 2013年9月、経営者JP入社。これまでの学びとネットワークを活かし、さらに仕事の幅を拡大中。座右の銘は「順境には謙虚、逆境には忍耐」「感即動」。