TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 「具体と抽象」の視点を持つと、任せ上手なリーダーになれる

2020/05/20

1/1ページ

第103回

「具体と抽象」の視点を持つと、任せ上手なリーダーになれる

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • PHP研究所 第二制作部ビジネス課 編集長 中村康教氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『「具体⇄抽象」トレーニング 思考力が飛躍的にアップする29問』
本書の編集を手掛けられた、PHP研究所の中村康教氏に見どころを伺いました。

 

 

いきなりで恐縮ですが、最初に問題です。

 

【問題】「経営者」と「編集者」の共通点は何でしょうか?

 

その答えは、「仕事をしてもらう仕事」ということです(経営者になったことはないので、あくまで想像ではありますが)。
編集者は自分一人では何もできません。文章を書いてくださる著者さんはもちろんのこと、デザイナーさん、カメラマンさん、イラストレーターさん、校正者さんなどなど、多くの方々に仕事をしていただくことで初めて、本も雑誌もつくることができます。
経営者の皆さんも、「誰かに仕事を依頼することが多い」という点は同じなのではないでしょ...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 中村康教氏

    PHP研究所 第二制作部ビジネス課 編集長

    1998年、PHP研究所入所。ビジネス月刊誌「THE21」の編集に約10年携わったのち、書籍編集部門に異動。以来、文庫、新書、単行本の編集を担当。現在はビジネス書の編集部に在籍し、「働く人を元気にする本」を1冊でも多く世に送りだすべく、日々精進中。主な担当書籍に、『日本史の謎は「地形」で解ける』『超訳「哲学用語」事典』『「英語は1年」でマスターできる』『すごい!「数値化」仕事術』『インド・シフト』『できるリーダーは、「これ」しかやらない』など。細谷功氏の著作では、『メタ思考トレーニング』も担当。