TOP イマ、ココ、注目社長! 病を「治す」でなく「防ぐ」サービス——全国の病院・先端研究機関と提携する予防医療サービスによって感染症予防・健康寿命最大化を実現。【前編】

2020/05/20

1/5ページ

第87回

病を「治す」でなく「防ぐ」サービス——全国の病院・先端研究機関と提携する予防医療サービスによって感染症予防・健康寿命最大化を実現。【前編】

  • イマ、ココ、注目社長!
  • 経営者
  • 組織
  • 経営
  • CLAP株式会社 代表取締役社長 原 拓也氏

 

現役一流経営者の記事が読める!60秒で簡単メンバー登録はこちら  >

 

 

世界屈指の長寿国である日本——。しかし、それでも医療環境や人々の意識には、いくつかの問題点があります。例えば、国民皆保険ゆえに治療費が安く、病気の予防意識が低いこと。また、寿命自体は長いものの、肝心な「健康寿命」とのギャップが10年近くもあることなどです。これらの問題改善されれば、人生を謳歌するための健康寿命はもっと長くなりますそのサポートをすべく、原拓也氏が創業したのが、「CLAP株式会社」です。世界的な研究機関や日本を代表する医療機関と提携して開発されたサービス「CLAP」。長く続く人生というマラソンの、医療・ヘルスケア面の伴走者として徹底した個人の健康管理や治療によって顧客の健康寿命最大化を実現する先端予防医療サービスを提供しています。 

 

健康増進に繋がるサービス提供・データ管理により、最適な医療ヘルスケアサポートを実現。 

 

“CLAP (Create life as pioneers)を活用することで健康な時間を獲得できるという価値を顧客へ提供し、社会に貢献していきたい」、さらには、「日本人・世界中の人の予防意識を高めたい――大きな話をすれば、人類の健康寿命を延ばした会社、そして、古巣の世界No.1医療会社のジョンソン・エンド・ジョンソンを超えるような会社をつくりたい」と語る原社長にお話をうかがいました。 

(聞き手/井上和幸)

原拓也社長は1987年生まれ。2011年、慶應大学総合政策学部を卒業後、アナウンサーとなるものの、新卒で落ちたジョンソン・エンド・ジョンソンへ入社したい強い思いがあり、再度受験。そして中途で入社しました。二度も受験した理由は「幼少期に祖父母や親族をがんや心臓疾患で亡くした経験から健康や医療の分野に強い問題意識を持っていたから」でした。

 

また、同社が世界一のメディカルカンパニーであり、医療機器を世界で最も多く販売している会社であることや、成り立ちやコアバリューの『我が信条(Our Credo)』に感銘を受けたことも大きな理由だったといいます。

(*参考 https://www.jnj.co.jp/about-jnj/our-credo

 

入社後は医療事業に配属となり、大病院への医療機器のセールスで成果を挙げてすぐにトップ営業マンとなり、「日本営業表彰」を受賞しました。同社時代は、「高度管理医療機器・特定管理医療機器」に該当する血管をシーリングするデバイス、超音波メス、臓器の縫合器・吻合器を販売。患者様に使用される医療機器の適正使用・安全使用を徹底するため医師と二人三脚で手術に立ち会い、生々しい現場に触れる日々を送りました。

 

1

2

3

4

5

プロフィール

  • 原 拓也氏

    CLAP株式会社 代表取締役社長

    1987年生まれ。 慶應大学総合政策学部を卒業後、新卒で日本テレビ系列局にアナウンサーとして入社。 2012年にジョンソン・エンド・ジョンソン入社後、2015年日本No.1営業表彰受賞。 2016年に1社目を起業し、その後ヘルスケア会社へ事業譲渡。 その後、2社目のヘルスケア領域で「CLAP株式会社」を設立。 予防医療サービス「CLAP」「Immunity」を提供している。世界的な研究機関・医療機関と提携し、顧客の健康寿命最大化を実現すべく事業展開をしている。 共同代表医師の川田悠と共に「Dr.カワディのYouTube病院」に出演。