TOP 敏腕キャピタリストの着眼点 「メタ起業家」として、製造・建設・物流業を支えるベンチャーに投資とサポートをする【Vol.2】

2020/05/07

1/1ページ

第4回

「メタ起業家」として、製造・建設・物流業を支えるベンチャーに投資とサポートをする【Vol.2】

  • 敏腕キャピタリストの着眼点
  • 組織
  • 経営
  • IDATEN Ventures  代表パートナー 足立 健太氏
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >>

 

IDATEN Ventures』代表パートナーの足立健太氏に話をうかがう中編は、足立さんの投資方針や、多くの有望な投資先の中から、今注目すべきお勧め企業を3社挙げていただいている。(Vol.1はこちら

...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 足立 健太氏

    IDATEN Ventures  代表パートナー

    製造業・建設業・物流業を支える技術やサービスに特化したシードVCの IDATEN Ventures ( イダテンベンチャーズ ) 創業者 兼 代表パートナー。Plug and Play Japanなど、多数のプログラムのメンターも務め、スタートアップエコシステムをけん引。 早稲田大学および大学院で物理学を専攻、理学修士 ( 大隈記念奨学生 )。 卒業後はリクルートやKPMG、スタートアップ経営、Mistletoeを経て、2017年よりベンチャーキャピタリストとして独立。飛び込み営業から経営者まで、物理学からファイナンスまで、これまで培った知識・経験をフルに動員し、スタートアップと伴走。 短距離走 ( 100m、200m ) の現役選手でもあり、2019年度の東日本マスターズ陸上で優勝。ボランティアで、週末、子ども向け陸上教室のコーチもしている。足が速くなることで子どもが自信をつけて羽ばたいていく姿に、日々、感動している。 目指すは、世界最速キャピタリスト。 ちなみにIDATENという名は、足が速い神様である韋駄天にあやかって命名。かつて韋駄天は、釈尊のために方々を駆け巡り、食物を集め届けることで、釈尊を支えて社会へ貢献。これがご馳走の由来。翻ってIDATENは、起業家のために方々を駆け巡り、経営資源を集め届けることで、起業家を支え社会へ貢献。これが未来を創る現代のご馳走であり、IDATEN Venturesの存在意義。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。