TOP 今週のKEIEISHA TERRACE 3月14日~3月20日の新着記事Pick Up!

2020/03/20

1/2ページ

第66回

3月14日~3月20日の新着記事Pick Up!

  • 今週のKEIEISHA TERRACE
  • エンタテインメント
  • KEIEISHA TERRACE編集部 藤田桂子

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 


 

3月14日~3月20日の間に、KEIEISHA TERRACEで公開された記事をご紹介いたします。

 

 

経営者がご自身で「経営者」になったと感じたのは、どんな決断、あるいは経験をした時なのか。ここに迫る、連載「私が経営者になった日」の最新シリーズが公開されました。

 

今回ご登場いただくのは、豆腐業界のトップメーカーとして有名な
株式会社相模屋食料代表の鳥越淳司さんです。

 

>>連載第1回はこちらから

 

 

今週も魅力的な記事が多くアップされています!
週末のお時間で、ぜひごゆっくりとお読みいただければ幸いです。


 

多角化マネジメント第4の手段、「合弁」についてドラッカーは、これが最も柔軟な手段であり、今後(=1970年代~)ますます重要になる、しかし一方で最も難しい手段であり、最も理解されていない手段だ、と言います。


 

経営者が確かに「経営者になった」と感じた瞬間に迫る、連載「私が経営者になった日」。
今回は、豆腐業界のトップメーカーとして、意欲的で新しいヒット商品を様々に展開するだけでなく、全国各地の豆腐メーカー再建にも注力している、株式会社相模屋食料代表の鳥越さんに3回にわたってお話を伺いました。


 

事業提案、営業戦略提案、組織やプロジェクトの編成提案——上司の皆さんは大きなものから小さなものまで、日々、様々な提案を求められ、また部下からの提案を受けていると思います。そこですれ違いや諍いが起こることも…
人は誰しも、「他人のアイデアよりも自分のアイデアのほうが絶対に良い!」と思うもの。ここに組織・チームで業務を進める際の落とし穴と、上司の皆さんにとっては使いどころもあるのです。今回はそこに迫ります!


 

前回に引き続き、ヤフー株式会社コーポレートエバンジェリスト・Yahoo!アカデミア学長の伊藤羊一さんにお話を伺います。
今回は、今後のキャリアを考えるとき「ビジョン・ミッションやWILLが大事なのは分かるけど、自分にはそんなものないし…」とお悩みの方にぴったりのお話です。


 

成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『ビジネスも人生もグロースさせる コミュニティマーケティング』。
本書の編集を手掛けられた、日本実業出版社の松尾由子氏に見どころを伺いました。


 

スマートフォンなどを使って部屋の鍵を開閉する「スマートロック」に注目が集まっています。その市場にいち早く進出し、アタマひとつ抜きん出ているのが、IoTを活用した「Akerun入退室管理システム」を提供する株式会社フォトシンスです。
現在は、スマートロックというカテゴリを飛び出し、「鍵の開閉もできるクラウド型入退室管理システム」というポジションを前面に押し出しています。
創業者である河瀬航大さんに、Akerunの誕生や起業までの経緯についてうかがいました。

1

2

プロフィール

  • 藤田桂子

    KEIEISHA TERRACE編集部

    1988年東京都生まれ。2014年、経営者JPに入社。プラットフォーム事業本部のリーダーとして「KEIEISHA TERRACE」の立ち上げに携わる。「志高き経営者・リーダーたちが、集い、学び、執行する場の提供」を実現するためにオンライン・オフライン共に様々なサービス提供を実現していく。