TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 42歳で任天堂の社長に就任した、岩田聡さんの思いを凝縮した本。

2020/01/29

1/1ページ

第88回

42歳で任天堂の社長に就任した、岩田聡さんの思いを凝縮した本。

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • ほぼ日刊イトイ新聞編集者 永田泰大氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』
本書の編集を手掛けられた、ほぼ日の永田泰大氏に見どころを伺いました。

 

 

岩田聡さんはもともとゲームのプログラマーで、ファミコン黎明期には、『ピンボール』『ゴルフ』『バルーンファイト』といった名作ゲームの開発に携わっていました。しかし、所属会社が経営危機に陥り、33歳の若さで社長に就任。約15億円の借金を約6年間で返済します。

 

そんな岩田さんを高く評価していたのが、当時の任天堂の社長、山内溥さんでした。山内さんは岩田さんを任天堂の経営企画室長として招聘し、その後、任天堂の次期社長に任命します。岩田さんが42歳のときでした。

 

当時の任天堂は、ファミコンからスーパーファミコンにかけての一強時代が崩れ、プレイ...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 永田泰大氏

    ほぼ日刊イトイ新聞編集者

    ほぼ日刊イトイ新聞編集者。さまざまなコンテンツ、イベント、書籍の製作に携わる。近年、『岩田さん』の他に手掛けた本は、『他人だったのに。』(糸井重里)、『生きているのはなぜだろう。』(池谷浩二/田島光二)『写真集』(幡野広志)など。