TOP スペシャルコラムドラッカー再論 多角化で死守すべき5つの原則。

2020/01/27

1/1ページ

第203回

多角化で死守すべき5つの原則。

  • ドラッカー再論
  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

前号、「共通の技術」での多角化戦略について見た。
ドラッカーは、技術を軸とする多角化には、必ず守るべき5つの原則があると言う。

 

「第一に、技術は個別具体的でなければならない。理論ではなくスキルでなければならない。コミュニケーションや輸送といった一般的なコンセプトは、共通の技術とはいえない。アメリカの放送ネットワークはコミュニケーションの世界にある。しかし出版を行おうとはしない。雑誌に手をつけようともしない。」(『マネジメント–-課題、責任、実践』、1973年)

 

失敗例としてドラッカーは、米国の大学が政府とコンサルティング契約を...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。