TOP 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語 自分の欠点を指摘されて反発したくなったときに効く禅語

2019/12/17

1/1ページ

第68回

自分の欠点を指摘されて反発したくなったときに効く禅語

  • マインドフルネス・禅
  • KEIEISHA TERRACE編集部 相馬愛

自分の欠点を、上司や同僚、時には部下にズバズバ指摘されたとき、どんな気持ちになるでしょうか。そんな人から距離を取りたくなったり、反感を抱いたり、イライラしたり、不愉快になるかもしれません。
そんなときに思い出したいのが、この禅語です。
誰にでも至らない点はあります。それを指摘してくれる人がいること、言ってもらえる関係であること自体が当たり前ではないことを、まずは認識することが大事です。できるなら、指摘してくれる人を師とあおぎ、感謝してみてはいかがでしょうか。
欠点を指摘されなくなると、人は傲慢になっていきます。間違いを正すことができないまま、自分を高めることができないまま、どんどん年老いていくのは避けたいものです。

 

引用:島津清彦(2018)『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』天夢人

 

 

KEIEISHA TERRACEでは、本著者の島津清彦氏を講師にお迎えし、四半期に一度心を調え、経営のペースメイクいただく場として『マインドフルネス・禅』実践塾 第二期を開催いたします。(詳細はこちらからご覧ください)

ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 相馬愛

    KEIEISHA TERRACE編集部

    筑波大学卒業後、「人に関わる仕事がしたい」という想いから2018年、経営者JP入社。主にプラットフォーム事業本部でセミナー・イベントの運営や「KEIEISHA TERRACE」運営に携わる。