TOP スペシャルコラムドラッカー再論 多角化の5つの外的誘因。

2019/12/16

1/1ページ

第199回

多角化の5つの外的誘因。

  • ドラッカー再論
  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

前々回前回と、企業が多角化に走る内的誘因について見てきたが、ドラッカーは多角化への外的誘因もあると言及している。

 

「多角化への外的な誘因は、さらに重要かつ一般的である。」(『マネジメント–-課題、責任、実践』、1973年)

 

第一に、一国の経済規模がある。
国が小さければ当然のことながら事業も小規模に留まざるを得ない。しかし、国が小さいことが利点となり、同一のマネジメントが国内経済のあらゆる側面に関わりを持つことができる。
国が新興、発展段階にあるとき、海外の技術、資本に依存しながら、自国内で多角化を図る。ここまで成長、成功...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。