TOP 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語 毎日に飽きてやる気がなくなってしまったときに効く禅語

2019/12/10

1/1ページ

第67回

毎日に飽きてやる気がなくなってしまったときに効く禅語

  • マインドフルネス・禅
  • KEIEISHA TERRACE編集部 相馬愛

「初心不可忘」とは、能の世阿弥による言葉です。この「初心」には、実は3つの種類があることをご存知でしょうか。
一つ目が「是非の初心」。これは一般的に言われている、「若い時の気持ちや上手くいったこと、上手くいかなかったことを忘れてはいけない」という意味です。
次が「時々の初心」。これは「日々、その時々の初心を忘れてはいけない」といく意味で、少し今にフォーカスが置かれています。
三つ目が「老後の初心」。「たとえ年老いていったとしても、老後は老後なりの初心を刻むべし」という教えです。
世阿弥は年老いてもなお、舞台に立ち続けました。毎日工夫を重ねながら、絶えず新境地を目指し続けたといいます。

 

引用:島津清彦(2018)『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』天夢人

 

 

KEIEISHA TERRACEでは、本著者の島津清彦氏を講師にお迎えし、四半期に一度心を調え、経営のペースメイクいただく場として『マインドフルネス・禅』実践塾 第二期を開催いたします。(詳細はこちらからご覧ください)

ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 相馬愛

    KEIEISHA TERRACE編集部

    筑波大学卒業後、「人に関わる仕事がしたい」という想いから2018年、経営者JP入社。主にプラットフォーム事業本部でセミナー・イベントの運営や「KEIEISHA TERRACE」運営に携わる。