TOP 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語 仕事の方向性に迷ったときに効く禅語

2019/12/03

1/1ページ

第66回

仕事の方向性に迷ったときに効く禅語

  • マインドフルネス・禅
  • KEIEISHA TERRACE編集部 相馬愛

今後、幅広い分野で活躍できるよう満遍なくスキルを身につけるか、専門性を高めるべく仕事を極めるべきか…正しい答えがあるわけはありません。
ブッダも言っているように、「自灯明」、答えは自分の中にしかないからです。
ただ、価値観や働き方が多様化した現代においては、誰もが何かの専門家となり、のめり込み、極める方向性に向かいつつあるでしょう。YouTuberやインスタグラマーなどが良い例です。
これからの時代、「自分ができること=専門性」「自分が好きなこと」「社内が必要としていること=ニーズ」という軸で、将来を考えてみるのも一つの手かもしれません。

 

引用:島津清彦(2018)『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』天夢人

 

 

KEIEISHA TERRACEでは、本著者の島津清彦氏を講師にお迎えし、四半期に一度心を調え、経営のペースメイクいただく場として『マインドフルネス・禅』実践塾 第二期を開催いたします。(詳細はこちらからご覧ください)

ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 相馬愛

    KEIEISHA TERRACE編集部

    筑波大学卒業後、「人に関わる仕事がしたい」という想いから2018年、経営者JP入社。主にプラットフォーム事業本部でセミナー・イベントの運営や「KEIEISHA TERRACE」運営に携わる。