TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 「時代遅れの衰退業種」でも、世界に衝撃(インパクト)を与えられる!

2019/12/02

1/1ページ

第79回

「時代遅れの衰退業種」でも、世界に衝撃(インパクト)を与えられる!

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • PHP研究所 第二制作部(ビジネス書籍)部長 兼 月刊『THE21』編集部長 吉村 健太郎氏

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『インパクトカンパニー  成熟企業を再成長させる、シンプルな処方箋』
本書の編集を手掛けられた、PHP研究所の吉村健太郎氏に見どころを伺いました。

 

 

「一般に“衰退業種”と言われていても、世界を相手にインパクトのあるビジネスを展開することは可能。そのための方法論をぜひ、世の中に知らしめたい」

 

著者である神田さんとの最初の打ち合わせでうかがったこのコンセプトに、一気に心を掴まれました。私のいる出版業界もまた「衰退業種」などと言われることが多く、そのことに内心、忸怩たる思いを抱いていたこともあります。

 

ただ、考えてみれば、世の中の大半の業界は「(人口増加時代と比べれば)ピークを過ぎた業界」ではないでしょうか。
本書のニーズは大きい。ぜひ、多くの人に伝えるべきだ。そう考え、この企画...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 吉村 健太郎氏

    PHP研究所 第二制作部(ビジネス書籍)部長 兼 月刊『THE21』編集部長

    1975年生まれ。上智大学外国語学部卒。1998年、PHP研究所入社。東北六県での書店営業を4年担当したのち、2002年にビジネス書籍編集部門へ異動。ビジネス書を中心に数々の書籍編集を手がけるとともに、当時まだ数の少なかったコンビニエンスストア向け書籍の開発も担当。2006年には「PHPビジネス新書」シリーズを立ち上げるなど、300点以上の書籍発刊に携わる。2014年に月刊ビジネス誌「THE21」編集長に就任。2015年にはオンライン版「THE21オンライン」を立ち上げる。現在はTHE21編集部およびビジネス書籍部門の責任者。