TOP 世界の社長から “失敗の少なさは危険信号であり、挑戦の欠如である。”

2019/11/08

1/1ページ

第139回

“失敗の少なさは危険信号であり、挑戦の欠如である。”

  • 世界の社長から
  • イノベーション
  • 経営
  • KEIEISHA TERRACE編集部 相馬愛

エド・キャットムル(ピクサー共同創業者)

 

 

 

日々の経営に活かせるヒントとして、世界中で活躍する経営者や偉人の名言をご紹介。

 

今回は、エド・キャットムル氏著『ピクサー流 創造するちから』からの一言。

 

本書は、ピクサーの共同創業者であるキャットムル氏が、
クリエイティブでありつづけるピクサーの秘密を語ったもの。

 

失敗が起きるようなチャレンジがなければ、素晴らしいものを創造することは難しい。
ピクサーでは会議のときのデスクの並べ方や席順にまで気を配り、誰もが挑戦しやすくなる環境をつくることに余念がないという。

 

 

(...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 相馬愛

    KEIEISHA TERRACE編集部

    筑波大学人文・文化学群比較文化学類卒業。学生時代は有志での地域イベント立ち上げ・運営に関わる。文化人類学を専攻し、事象ではなく人にフォーカスを置いた地域振興や地域活性化に関心を持つ。「人に関わる仕事がしたい」という想いから、2018年に経営者JPに入社。