TOP スペシャルコラムドラッカー再論 企業規模をマネジメントする。

2019/10/28

1/1ページ

第193回

企業規模をマネジメントする。

  • ドラッカー再論
  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

企業にはそれぞれに応じた適切な規模がある。ドラッカーはそう指摘する。

 

「規模の誤りは、組織にとって体力を消耗させる業病である。ありふれた病でもある。治療は可能だが、簡単でもなければ楽でもない。この病にかかったものの多くは、必要な薬の服用を拒む。」(『マネジメント–-課題、責任、実践』、1973年)

 

ドラッカーが言わんとしていることは何だろう?多くの経営者が、自社の適切な規模について錯覚や誤解をしているということだろうか。

 

本稿執筆・発刊時点の1970年代といまの2010年代を同列に比較するのは、本件に関しては...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。