TOP スペシャルコラムドラッカー再論 大企業のマネジメントとキャリア採用。

2019/10/21

1/1ページ

第192回

大企業のマネジメントとキャリア採用。

  • ドラッカー再論
  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

大手企業のトップマネジメント(経営者)には、大きく2つのタイプがいるように思う。
一つは外部との接合点となっている、社会への発信力と世の中の出来事の受信力を持つタイプ。もう一つは、巨大組織の中で、内部組織・内部経済への目配せが主業務となっているタイプ。感覚的には、前者が2割、後者が8割ではないかなと。

 

ドラッカーは、大企業のトップマネジメントたる者は、自らが外部の世界を感知する機関、すなわち組織全体にとっての目となり耳となる責任があると言う。
トップマネジメントが市場と顧客から遠ざかり社内報告書に頼るようになれば、組織として市場の変化を感知し予期し...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。