TOP 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語 部下とのコミュニケーションに悩んだときに効く禅語

2019/10/15

1/1ページ

第60回

部下とのコミュニケーションに悩んだときに効く禅語

  • マインドフルネス・禅
  • KEIEISHA TERRACE編集部 相馬愛

誰もが知っている「挨拶」という言葉。これが禅語だとご存知でしょうか。
挨拶は目下の人から目上の人にするべき、という考えが浸透していますが、実はこれは本来の姿ではありません。
「挨」は押す、「拶」は迫るという意味で、もともとは禅の師匠が修行中の弟子に対し、その修行度合いを推し量るために投げかけていた問答を指していました。
ビジネスに置き換えると、上司が部下の様子を気にかけ、歩み寄り、積極的に声をかけていく―これが本当の「挨拶」なのです。
何事も、まずは上の人間が変わるところから。早速明日から、部下に声をかけてみてはいかがでしょうか。

 

引用:島津清彦(2018)『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』天夢人

 

 

KEIEISHA TERRACEでは、本著者の島津清彦氏を講師にお迎えし、四半期に一度心を調え、経営のペースメイクいただく場として『マインドフルネス・禅』実践塾 第二期を開催いたします。(詳細はこちらからご覧ください)

ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 相馬愛

    KEIEISHA TERRACE編集部

    筑波大学人文・文化学群比較文化学類卒業。学生時代は有志での地域イベント立ち上げ・運営に関わる。文化人類学を専攻し、事象ではなく人にフォーカスを置いた地域振興や地域活性化に関心を持つ。「人に関わる仕事がしたい」という想いから、2018年に経営者JPに入社。