TOP 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語 本来の目的を忘れかけているときに効く禅語

2019/10/01

1/1ページ

第58回

本来の目的を忘れかけているときに効く禅語

  • 仕事に差がつく!ビジネスに効く禅語
  • マインドフルネス・禅
  • KEIEISHA TERRACE編集部 相馬愛

「忘筌」とは、「魚を獲るために準備した釣り竿や猟具に固執してしまい、魚を獲るという本来の目的を見失ってしまう」という意味です。
仕事においては、マニュアルやルールに縛られ、目の前のお客様が何を求めているのかという視点が欠けてしまうこと、を指すかもしれません。
今一度、本来の目的に立ち返りってみてはいかがでしょうか。本当にやるべきことは何なのか?機械的に、思考停止して仕事をしていないか?今一度問いかけてみることが必要なのかもしれません。

 

 

引用:島津清彦(2018)『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』天夢人

 

 

KEIEISHA TERRACEでは、本著者の島津清彦氏を講師にお迎えし、四半期に一度心を調え、経営のペースメイクいただく場として『マインドフルネス・禅』実践塾 第二期を開催いたします。(詳細はこちらからご覧ください)

ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

プロフィール

  • 相馬愛

    KEIEISHA TERRACE編集部

    筑波大学人文・文化学群比較文化学類卒業。学生時代は有志での地域イベント立ち上げ・運営に関わる。文化人類学を専攻し、事象ではなく人にフォーカスを置いた地域振興や地域活性化に関心を持つ。「人に関わる仕事がしたい」という想いから、2018年に経営者JPに入社。