TOP スペシャルコラムドラッカー再論 中企業における三つのトップマネジメントと三つの課題。

2019/09/24

1/1ページ

第189回

中企業における三つのトップマネジメントと三つの課題。

  • ドラッカー再論
  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

前回(VOL.188)、中企業には三つのタイプがあることをご紹介した。

 

第一が、単一技術、単一市場の中企業。基本的には小企業だが、基幹的な要員は一人の人間が詳しく知るには多すぎるという企業を指している。
第二が、製品の種類と市場は複数持つが、事業的にはそれらのいずれもが類似の特性を持つという中企業。
第三が、複数の事業を持つが、そのいずれもが相互依存関係にあるという中企業。

 

そしてドラッカーは、この3つのタイプそれぞれが特有の問題を抱えていると言っている。

 

「(第一の)単一製品、単一市場の中企業では、最...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。