TOP 今週のKEIEISHA TERRACE 8月17日~8月23日の新着記事Pick Up!

2019/08/23

1/2ページ

第38回

8月17日~8月23日の新着記事Pick Up!

  • エンタテインメント
  • KEIEISHA TERRACE編集部

 

8月16日~8月23日の間に、KEIEISHA TERRACEで公開された記事をご紹介いたします。

 

 

組織・人事・採用・教育の強化に役立つ実践スキルを
公開する新規記事、「HRナレッジ」が公開されました。

 

自社にとって最適な幹部人材には、どう出逢えばいいのか?
採用面接で見るべきポイントはどこか?

 

など、実践ナレッジがつまった資料を無料でダウンロードいただけます。

 

週末のお時間で、ぜひごゆっくりとお読みいただければ幸いです。


 

今回のテーマは、ドラッカーによる「企業規模」の定義について。通常、企業規模を表す際は従業員数や売上が使われることが多いですが、ドラッカーはそれでは不十分だと述べています。


 

前回に引き続き、株式会社村上農園代表の村上清貴氏に、「経営者になった瞬間」について伺います。主力商品であるカイワレ大根が風評被害に遭い、売上が大幅に落ちたとき、村上氏は抜本的な改革を行いますが、その動きは古参社員の中に軋轢を生んだといいます。その時村上氏がとった行動とは?


 

部下たちに仕事を割り振る際、できる部下に重要な仕事を任せ、逆にできない部下にはリスクの少ない仕事を振るか、あまり期待せず仕事を任せない、といった心理が働きがち。
これは妥当な打ち手ではありますが、そこには落とし穴もあるといいます。


 

<言葉遣いに気を配る余裕がないときに効く禅語>
「言辞施」とは、「言葉によるお布施」のことです。
「お布施」というと、お坊さんに渡すお金を思い浮かべる人も多いかと思いますが、お布施には「無財の七施」といって、お金のかからないものもあります。
余裕がなくなると、周囲に放つ言葉も厳しくなりがちですよね。そんなときは、言葉がお布施であることを思い出し、できるだけ丁寧な言葉を発するように心がけてはいかがでしょうか。


 

本日の一冊は、『働き方2.0 vs 4.0』。
「不満を抱きながら、そこそこ頑張る」社員ばかりだと、「勝てる仕事」を作りだすことは難しくなりますよね。これを打破するのに有効なのが、本書が提案する「働き方4.0」です。


 

ジャンクで男性人気が高いハンバーガー。しかしここ数年の間、首都圏の女性を中心に話題になっているハンバーガーショップがあります。それが、「UMAMI BURGER」です。代表の海保さんに、お話を伺いました。
「「経営者」という自分がやったことがないことをすることで、いろいろなスキルが身に付くことが面白い。」


 

リクルート、ローソン、ブックオフ等でマーケッターとして活躍された野林徳行氏に、いま話題の消費者動向やトレンドについて、実例をベースに読み解いていただく本連載。今回のテーマは、「ファミレス火する回転寿司」です!

1

2