TOP 世界の社長から “「いつかやる病」は、あなたの夢を墓場まで連れていこうとする。”

2019/08/07

1/1ページ

第112回

“「いつかやる病」は、あなたの夢を墓場まで連れていこうとする。”

  • 世界の社長から
  • イノベーション
  • 経営
  • KEIEISHA TERRACE編集部 相馬愛

ティモシー・フェリス(米起業家、講演家、作家)

 

日々の経営に活かせるヒントとして、世界中で活躍する経営者や偉人の名言をご紹介。

 

今回は、ティモシー・フェリス氏の一言。

 

世界的ベストセラー『「週4時間」だけ働く。』の著者である。

 

この文章の前後は、

 

「人生の信号が青信号になるなんて決してない。
条件が完璧になることも決してない。
「いつかやる病」はあなたの夢を墓場まで連れていこうとする。
大事なことならば、そして「いつか」やりたいと思っているならば、
「いま」それをやろう。」

 

である。フェリス氏もまた、数々の偉人と同じように
すぐに行動に移すことの大切さを説いている。

 

 

(出典:ティモシー・フェリス『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?』青志社、2007年)

 

 

プロフィール

  • 相馬愛

    KEIEISHA TERRACE編集部

    筑波大学人文・文化学群比較文化学類卒業。学生時代は有志での地域イベント立ち上げ・運営に関わる。文化人類学を専攻し、事象ではなく人にフォーカスを置いた地域振興や地域活性化に関心を持つ。「人に関わる仕事がしたい」という想いから、2018年に経営者JPに入社。