TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 なぜ働き方を変えるだけでは、組織の生産性が向上しないのか?

2019/08/07

1/1ページ

第58回

なぜ働き方を変えるだけでは、組織の生産性が向上しないのか?

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • 日本経済新聞出版社 出版ユニット長 白石 賢氏

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『「組織の壁」の壊し方  「働き方だけ改革」では会社は変わらない』。
本書の編集を手掛けられた、日本経済新聞出版社の白石賢氏に見どころを伺いました。

 

 

働き方改革が叫ばれる中で、現場の生産性向上を阻むものには、社員自身の働き方だけでなく「部門間や上司との溝」、「過剰な管理やルールの縛り」、「腑に落ちない会社の方針」…など、様々な要因があります。そうしたことを解決せず、ただ闇雲に働き方だけの改革を進めても、社員は本気でやろうという気にはなりません。では、これらの「組織の壁」をどうやって解決していけばいいのでしょうか?

 

たとえば、「仕事のやり方が個人商店的になっている」、「情報が十分に共有されていない」、「会話が無く皆バラバラである」--そんな職場で、コミュニケーションの機会を増やしたり、社内イベントを行...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 白石 賢氏

    日本経済新聞出版社 出版ユニット長

    1988年に日本経済新聞社出版局編集部に配属。日経ビジネス人文庫編集長、文化出版部長、編集部長を経て、2018年から編集部と営業部を一体化した出版ユニットを統括。主な担当作品は、『堺屋太一 歴史からの発想』、『鈴木敏文 仕事の原則』、『カンブリア宮殿 村上龍×経済人』、『池上彰のやさしい経済学』、『最高の戦略教科書 孫子』、『中部銀次郎 ゴルフの神髄』などがある。