TOP 2030年に向かえ! リーダーのためのキャリアメイク戦略 「買われるミドルシニア」と「売られるミドルシニア」の差。

2019/07/11

1/2ページ

2030年に向かえ! リーダーのためのキャリアメイク戦略

第18回

「買われるミドルシニア」と「売られるミドルシニア」の差。

  • 転職
  • キャリア
  • 井上 和幸 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

【この記事でわかること】

・採用活動における効果的な自己紹介の方法
・「買われるミドルシニア」と「売られるミドルシニア」の違い
・転職活動で「してはいけないこと」と「すべきこと」

 

 

 

 

◆「自分のコア」を相手の心に刺さるように伝えるには?

さて、次のテーマは、「ヘッドハンティングの可能性」方程式について、です。
実は、ワークショップ当日は、前回の内容もふまえて次のような話をしています。

 

◎「ヘッドハンティングの可能性」=「人物コンテンツ力」×「人物情報流通力」。
◎「お墨付き人材」と「お値打ち人材」になる。
◎「六項卸し」(※エリエスブックコンサルティング社・土井英司氏)を用いて自分を棚卸しする。
◎原因軸での選択・行動と、結果軸での選択・行動。

 

これらの内容は当企画の過去の連載記事でも触れていますので、皆さんにはそちらをご参照いただくとして、ここでは、その後の段階である、棚卸しした自己の「ウリ」をどのように自己紹介し、伝えればいいか、という話をしたいと思います。
できましたら、本連載第12回の「六項卸し」のワーク、そして、第16回の「キャリア・アンカー」などをあわせてお読みいただくと、より効果的です。

この「自己紹介に入れるべき3要素」については、前回のワークショップで取り上げました。

 

特に③はとても大事であり、これも忘れずに伝えていきましょうという話でしたね。

 

問題はこれらをどう上手く伝えるかですが、以下にそれを手順としてまとめました。

 

1つずつ説明しましょう。

 

 

1

2

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 井上 和幸

    井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1966年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、株式会社リクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に株式会社 経営者JPを設立。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供。著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(サンマーク出版)など。

    この登場者の記事一覧をみる