TOP 2030年に向かえ! リーダーのためのキャリアメイク戦略 候補者のあなたは、企業側、社長からこう見られる。

2019/07/04

1/2ページ

2030年に向かえ! リーダーのためのキャリアメイク戦略

第17回

候補者のあなたは、企業側、社長からこう見られる。

  • 転職
  • キャリア
  • 井上 和幸 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

【この記事でわかること】

・採用候補者と案件のマッチングのポイント
・人材紹介における「フィット感」という視点
・採用活動であなたが企業側に説明すべきこと

 

 

 

◆人材コンサルタントは候補者と案件のマッチングをどう見ているか?

ここから先は、ミドルシニアの皆さんは企業や経営者からどんな見られるのかという話を、人材ビジネスをしている立場からお話をしていこうと思います。

 

以前、本連載で取り上げた内容も一部ありますが、復習する意味合いでお読みいただければ幸いです。内容が重複するために割愛したものについては、リンク先のアーカイブの該当ページをご覧ください。

図表(6)

図表(6)にまとめたのは、我々が転職や採用の支援をしているときに、候補者の方と案件(ポジション)の「ウリ」をどのように見て、どうマッチングしているかということです。

 

候補者(キャンディデート)の方の「ウリ」になるのは、その方のバックグラウンド(職務歴、企業歴、学歴、人脈)の特徴や、キャラクター、志向性、こだわり、ものの見方、そして、どのようなところに力量の発揮ポイント(強み、得意そうな局面/不得意そうな局面)があるか、といったことです。

 

一方、案件側のポイントとしては、職務内容であったり、どのような人がフィットしているかが大事です。とはいえ、案件、ポジションと言っても職場のムード・局面もありますし、会社そのものの事業内容の特徴もあります。もっと大きく見ると、業態の特徴というのもある。製造業かサービス業か、ITかメーカーか、そういったところから表れてくる、いわく言い難いところも含めた特徴もあります。

 

また、業界の局面もあると思います。例えば、半導体業界などは数年ごとに好況不況が繰り返されていますが、攻守交代が結構ずっと続くような場所にいらっしゃると、経営の考え方も難しいですし、業界の特徴のようなものがあると感じることもあります。

 

 

1

2

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 井上 和幸

    井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1966年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、株式会社リクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に株式会社 経営者JPを設立。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供。著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(サンマーク出版)など。

    この登場者の記事一覧をみる