TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 「水曜どうでしょう」人気ディレクターが、“正直に”働き方を語る

2019/05/29

1/1ページ

第42回

「水曜どうでしょう」人気ディレクターが、“正直に”働き方を語る

  • TERRACEの本棚
  • 組織
  • 経営
  • 総合法令出版 編集長 久保木勇耶氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『仕事論』。
編集を手掛けられた総合法令出版の久保木勇耶氏に、本書の見どころを伺いました。

 

 

超人気ローカル番組『水曜どうでしょう』。

 

本書の著者は、番組を支える2人のディレクターです。支えるというか、彼ら自身が番組の枠を越え、イベントの開催、グッズ販売、演劇、本の執筆、ユーチューバー、果てはコーヒー豆の販売まで、多岐に渡って活躍されています。

 

驚くのは、彼らがいまでも北海道テレビの社員であるということです。なぜ組織の中にいながら、ここまで幅広い活動ができるのか。その仕事論を聞いてみたくなりました。

 

彼らは「やりたいことをやるためには会社員であれ」と言います。

 

会社に依存せず生き...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 久保木勇耶氏

    総合法令出版 編集長

    鳥取県出身。広告会社での営業・編集職を経て、MOKU出版に入社。月刊『MOKU』のライター・編集者として勤務。 2016年に総合法令出版に入社、書籍編集を担当する。 2018年に編集長就任。 主な担当作品に『自分イノベーション』(夏野剛著)、『一流の男が絶対にしないこと』(里中李生著)、『お金の不安からいますぐ抜け出す方法』(大嶋信頼著)、『死ぬときに後悔しない生き方』(内藤いづみ著)、『仕事論』(藤村忠寿・嬉野雅道著)、『世界最先端の研究が教える すごい心理学』(内藤誼人著)など。