TOP 異能の経営者 ~ I know. ~ 【広津崇亮氏】皆とは逆だったとしても、 正しいと思う方向へ進む。(Vol.1)

2019/05/23

2/4ページ

第21回

【広津崇亮氏】皆とは逆だったとしても、 正しいと思う方向へ進む。(Vol.1)

  • 経営
  • キャリア
  • 経営者インタビュー
  • 株式会社HIROTSUバイオサイエンス 代表取締役 CEO 博士(理学) 広津 崇亮氏

 

――それで、東京大学に入られてからはどういった勉強をされるんでしょうか。

 

最初は理科二類に入ったのですが、3年生から進路の振り分けがあって、その時にはDNAとか遺伝とかそういったところに興味があって。

 

 

――生物学科というと生物の生態観察をしていそうなイメージがありますけども。

 

当時のバイオテクノロジーは、どんどんミクロに入っていっていましたね。

 

 

――それで結局、何を選ばれたのでしょう。

 

いくつかの選択肢の中から酵母の研究室に行って、酵母のテーマをやるつもりでいたんですけれども……

 

 

――けれども……?

 

当時の私には興味が持てなかったんですよ(笑) 単細胞で動かないし。それに酵母の研究そのものは全盛期でした。

 

 

――え、全盛期ならよいのでは?

 

いえ、全盛期のテーマって逆に言うとだいぶ調べられてしまっていて、メジャーなところでは既にノーベル賞をとった人もいるくらいでしたから、あまり興味が湧かなかったんです。

 

 

――なるほど、すでに手あかが付いていたと。

 

そんな時、現在は東大教授ですが当時の指導教官だった飯野雄一先生がニューヨークから帰ってこられて、「線虫という生物がこれから流行ると言われているぞ」という話をされたんです。

 

 

――「線虫が流行るぞ」と。

 

ええ、それで酵母の研究室にいながらにして、1人だけ線虫を飼い始めました。

線虫(体長は約1mmで色は透明)

プロフィール

  • 広津 崇亮氏

    株式会社HIROTSUバイオサイエンス 代表取締役 CEO 博士(理学)

    1995年、東京大学理学部生物学科卒業。1997年、東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 修士課程修了後、サントリー株式会社に入社。商品開発部に配属され充実した社会人生活を送るも、研究をやり残したという想いが心に残り、翌年会社を退職し学問の世界へ戻る。東京大学大学院博士課程在学中の2000年3月、線虫の匂いに対する嗜好性を解析した論文が英科学誌「Nature」に掲載され、その後も線虫に関する研究の実績が各方面より注目を集める。2013年より線虫ががんの匂いを嗅ぎ分けられるかについての研究を開始、そこで得た手ごたえを社会に還元するため2016年に起業。線虫を用いることで簡便・安価・高精度・早期発見を可能にした がんの1次スクリーニング検査を「N-NOSE」 と名付け、現在は協力会社と連携を図りながら間近に迫る国内実用化(2020年1月予定)に向け邁進している。