TOP 2030年に向かえ! リーダーのためのキャリアメイク戦略 転職面接で経営者が見るのは「課題設定、着想、取り組みプロセス」。

2019/05/09

1/3ページ

2030年に向かえ! リーダーのためのキャリアメイク戦略

第13回

転職面接で経営者が見るのは「課題設定、着想、取り組みプロセス」。

  • 転職
  • キャリア
  • 井上 和幸 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

【この記事でわかること】

・転職先の経営者は、候補者の「何」を見て判断しているか
・転職先の経営者は、幹部としてどんな人材を求めているか

 

◆エグゼクティブのあなたは「何」で買われるのか?

今回は、転職先の経営者はどんな資質の人材を求めているかを、6つの視点から考えていきましょう。ご自身のふり返りの材料として使っていただければと思います。

 

1つ目は、「エグゼクティブのあなたは『何』で買われるか?」。
これをお読みの皆さんが仮に転職するとしたら、どういったところで買われるのかという話です。

 

当然、「経験・スキル」はあるでしょう。しかし、この部分で買われるとは私は思っていません。もちろん、それらも必要ですよ。「結果・成果」についても、無いとちょっと寂しいですよね。
ただし、大事なのは、「なぜそういう結果・成果が、経験・スキルを元に及ぼせたのか?」ということです。仮に転職などをすることがあったら、皆さんが一体どういう職務テーマを持っていらっしゃったり、着想や取り組みをしてきたのかということをしっかり伝えてください。
逆に、採用側であれば、どちらかというと、そこのところをしっかり捉えて面接をすることが大事だと思います。

1

2

3

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 井上 和幸

    井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1966年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、株式会社リクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に株式会社 経営者JPを設立。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供。著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(サンマーク出版)など。

    この登場者の記事一覧をみる