TOP 私が経営者になった日 【藤波克之氏】会社の成長に責任を持つのが社長である。(1/5)

2019/04/22

1/2ページ

私が経営者になった日

第16回

【藤波克之氏】会社の成長に責任を持つのが社長である。(1/5)

  • 経営
  • キャリア
  • 経営者インタビュー
  • FSX株式会社 代表取締役社長 兼 最高経営責任者 藤波克之氏

 

●情熱はあっても、200万円の責任に躊躇。

藤波氏が、家業である藤波タオルサービスに入社して今年で15年。2016年にはブランディングの一環として、FSX株式会社と社名変更を果たした。

 

「工場を造った2013年が最終的に経営者としての自分を自覚した時でしたが、振り返ると、いろいろな段階を経てきたように思います。」

 

と藤波氏は言う。

 

「入社して、先頭に立って飛び込み提案営業を始めたのは14、15年ぐらい前です。自社で初めて香りの商品を開発することになった時のこと。今も主力商品の一つであるおしぼり用芳香剤LARME(ラルム)なのですが、金型に200万円が必要と言われました。今では笑い話ですが、当時の僕は200万円と言われてビビったんですよね。でも父親が“やればいいじゃないか。失敗してもいいじゃないか”と言って背中を押してくれました。

 

そのぐらいから、事業の全責任を自分が背負っている、絶対にこの産業を良くしてやるのだと思うようになりました。同時にいろいろな経営者の、大きく成功した方や、小さくても想いがある方や、さらには大学の先生に、海外も含めて会いに行きました。絶対にこの業界の価値観を変えてやろうと。それは多分家業に戻ってから、ずっと変わってはいない想いです。所詮タオル屋やおしぼり屋だろうとバカにされればされるほど、よりよく変えてやろうと思っていました。ただ、お金の責任を負っていなかったので、情熱は今も昔も変わらずにありますが、あの頃はまだ経営者とは言えなかったですね。」

1

2

プロフィール

  • 藤波克之氏

    FSX株式会社 代表取締役社長 兼 最高経営責任者

    1974年 東京都国立市生まれ。 法政大学社会学部応用経済学科卒業。 大学卒業後、NTTグループを経て2004年に前身である藤波タオルサービス※へ入社。 2009年 代表取締役専務 2013年9月 代表取締役社長就任 (現職) ※2016年11月に現社名へ変更 社長就任後は、CI(コーポレートアイデンティティ)の構築やおしぼり冷温庫「REION」の開発や新市場への展開、そして海外へ日本のおしぼり文化の発信に努め、イノベーション創出に向け、着実な経営を進めている。また、障がい者雇用にも関心が高く「新・ダイバーシティ経営企業100選」にも選ばれた。