TOP 私が経営者になった日 【ホッピー 石渡氏】経営者になったという確信はありません。(1/5)

2019/03/18

1/2ページ

私が経営者になった日

第11回

【ホッピー 石渡氏】経営者になったという確信はありません。(1/5)

  • 経営
  • キャリア
  • 経営者インタビュー
  • ホッピービバレッジ株式会社 代表取締役社長 石渡 美奈氏

 

成長が止まったら現状維持ではなく退歩

創業114年、主力商品ホッピーが発売71年目となる老舗企業。その世襲3代目として創業100年目に社長となった石渡美奈さん。社内に改革を起こし、一時は8億円にまで落ち込んだ売り上げを40億円に伸ばしてきた。

 

「社長になって9年目になりますが、経営者になったとの確信は、まだできていないのです。肩書としては言うけれども、『経営者である』なんてまだまだおこがましくて、とても言えないなというのが本音です。」

 

と言う石渡さん。確信が持てないのは『経営者とはこうである』という何かの形が彼女の中にあって、それに達していないからではない。

「経営者になるということは、かたちのないものを追いかけているのだと思うのです。もちろん今でも経営者というものを分野ごとに、ここの部分、この分野はこの方にと、教えてくださっている方、教えを請いている方はたくさんいらっしゃいます。」

 

教えを受け、尊敬している経営者はたくさんいても、この人を経営者として目指しているという師匠は、正直言って今はいない。

 

「これは多分、私が死ぬときまで答えは出ないのだと思います。私の魂がこの肉体を離れる瞬間に残したものが、『今世、石渡がつくった経営者の形とはこうだったんだろうな』という感じです。多分、私が経営者である、こういう形であるって決めた瞬間、成長がなくなると思っているんですよね。それはもう傲慢になることですし、私の成長が止まること。止まるということは、現状維持ではなくて退歩だと思っているので。だから、いわゆる自分は経営者になった、という気持ちが導くであろう満足感みたいなことを、一切排除しているという感じですね。」

 

 

1

2

プロフィール

  • 石渡 美奈氏

    ホッピービバレッジ株式会社 代表取締役社長

    1968年東京都生まれ。立教大学文学部卒業後、日清製粉(現:日清製粉グループ本社)に入社。人事部に所属し、93年に退社。広告代理店でのアルバイトを経て、祖父が創業したホッピービバレッジに入社。広報宣伝を経て、2003年取締役副社長に就任。その後2010年に代表取締役社長に就任。 著書に、「社長が変われば会社は変わる!」(阪急コミュニケーションズ)、「社長が変われば社員は変わる!」(あさ出版)「ホッピーの教科書」(日経BP社)、「技術は真似できても、育てた社員は真似できない」(総合法令出版)。 趣味はベランダガーデニングとメダカを育てること。早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、経営学修士(MBA)。2016年、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM修士課程)修了。