TOP 2030年に向かえ! リーダーのためのキャリアメイク戦略 「評価」をせずに「情報収集」を。「形容詞」ではなく事実を見る。

2019/03/14

1/2ページ

2030年に向かえ! リーダーのためのキャリアメイク戦略

第8回

「評価」をせずに「情報収集」を。「形容詞」ではなく事実を見る。

  • 転職
  • キャリア
  • 井上 和幸 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

【この記事でわかること】

・相手の経験(できること)を聞く際に心がけるべき2つのポイント

・事実を情報収集した後の「5つの評価基準」

 

◆評価をするのではなく、まずその人の情報収集をする。

前回は、「WILL(志望動機、その人は何をやりたい人なのか)」の要件についての質問の仕方を取り上げました。

 

今回は、「CAN(体験の確認、その人は何ができるのか)」です。

 

例えば、話題は何でもいいのですが、まずはこんなやり取りをつくってみました。新卒の場合です。

 

面接官「何を達成したんですか?」

候補者「バスケットボールをやっていて県大会で優勝しました」

 

これで終わってしまうようだと芸がありませんよね。

 

面接官「へえ、すごいですね。県大会で優勝したんですか。そのときのポジションは何だったんですか?」

候補者「ポイントガードです」

面接官「それはどういう役割なんですか?」

候補者「出場している選手の中での監督であり、司令塔です。ちなみに、『ポイントガード』のポイントとは、『線路の分岐器』のことです。そのような感じでイメージしていただければと思います。本当に面白く、やりがいのあるポジションでした」

面接官「なるほど。重要そうなポジションですね。そのポジションを務めるには何が必要ですか?」

候補者「リーダーシップと状況判断力、バスケットIQ、パス能力などが不可欠になります」

 

とこんなふうに、話の中に体験が出てきて、こちらがそれについて確認のツッコミを入れてみた場合、一般的に皆さんが優秀だと思うような人材は、体験への感想コメントでの切り返しをしてくるものです。

 

 

1

2

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 井上 和幸

    井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1966年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、株式会社リクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に株式会社 経営者JPを設立。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供。著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(サンマーク出版)など。

    この登場者の記事一覧をみる