TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 35年の研究で解明! 生産性と創造性が高まる「シンプルな法則」とは?

2019/02/27

1/1ページ

成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」

第27回

35年の研究で解明! 生産性と創造性が高まる「シンプルな法則」とは?

  • 組織
  • 経営
  • 英治出版株式会社 英治出版オンライン 編集長 山下智也氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力』。
編集を手掛けられた英治出版の山下智也氏に、本書の見どころを伺いました。

 

 

心理学や成人発達論をベースに、長年にわたり組織の創造性と生産性のメカニズムを明らかにしてきた著者(ハーバード教授&心理学者の夫婦)。ある大規模調査の結果、ふたりは衝撃の事実を手にする。

 

著者ふたりはスタートアップから広く名の知れた企業まで、3業界、7企業、26チーム、238人を対象に、数か月間にわたり日誌調査を実施した。すると、「やりがいのある仕事が進捗する」ようにマネジャーが支援すると、メンバーの創造性、生産性、モチベーションが最も高まる、「進捗の法則」なるものが明らかになったのだ。

 

――評価でも、インセンティブでも、明確な目標でもなく、「進捗」?

 

自身の研究やマッキンゼーの調査などでも、「進捗」という言葉は見当たらなかった。ごく当たり前のことではないか?不安に思った著者は、改めて調査を実施。すると、評価や目標よりも「進捗」が大切だと答えた人は、わずか5%だった――。

 

1万2000の日誌分析、669人のマネジャー調査……35年の研究で明らかになる新常識。私たちは、マネジメントを誤解してきたのかもしれない。ハーバード・ビジネス・レビューNo.1 Breakthrough Idea選出の論文に基づく「マネジャーの新たな教科書」である。

 

 

『マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力』

著者:テレサ・アマビール、スティーブン・クレイマー

監修:中竹竜二

翻訳:樋口武志

出版社:英治出版

価格:2,052円(税込)

 

 

 

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 山下智也氏

    英治出版株式会社 英治出版オンライン 編集長

    『シンクロニシティ』という本との出会いをきっかけに英治出版に新卒入社。『異文化理解力』『謙虚なコンサルティング』『チームが機能するとはどういうことか』など、約10年にわたりビジネス書や社会書を企画・編集。2018年から書籍編集から新規事業開発にキャリアシフトし、ウェブメディア「英治出版オンライン」、コミュニティスペース「EIJI PRESS Base」をプロデュース。探究テーマは同僚や著者や仲間とともに生み出すチームワーク。座右の書は『青春漂流』と『キングダム』。