TOP 異能の経営者【I know.】斉藤淳氏 少子化の市場でも成長できる、重要な感覚。

2019/02/15

1/1ページ

第5回

少子化の市場でも成長できる、重要な感覚。

  • 異能の経営者【I know.】
  • 経営
  • キャリア・働き方
  • 経営者
  • 株式会社J Institute代表取締役CEO 斉藤 淳氏

 

小中高生を対象に英語と教養教育の塾を運営するJ PREP斉藤塾の代表 斉藤淳氏。創業当初は小規模で学習塾をはじめたものの、徐々に規模を拡大しながら人気の塾になり、学童保育や幼稚園などにも展開している。少子化の現代に、なぜJ PREP斉藤塾がこれほど人気を博しているのか、代表である斉藤氏の“価値観”やご自身の“インプット”などに迫っていく──。

 

■生徒が過ごす「空間」を大切にする

――いまは塾だけではなく、学童保育や幼稚園もやられていますよね。

 

ええ、日本の公共政策にはいろいろ良くないところがあると思っていて。例えばジェンダー政策は全く時代に追いついていません。これは男性側にも関わってくることなんですけど、女性のプロフェッショナルのキャリアとライフを考えたときに「子供をどうするんだ?」という話が出てくるわけです。小学校の終業時間があまりにも早すぎて、1日の仕事が終わってから迎えにいけない。

 

――それで、保護者の仕事が終わるまでお子さんを預かるサービスを展開していらっしゃるわけですね。

 

そう、預かっている...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中

プロフィール

  • 斉藤 淳氏

    株式会社J Institute代表取締役CEO

    1969年山形県生まれ。イェール大学大学院にてPh.D.(政治学)を取得。ウェズリアン大学客員助教授等を経た後、イェール大学にて政治学科助教授として教鞭を執る。 2012年に帰国し、中高生向けに英語を教える私塾を開業。従業員は自分1人のみ、少数の生徒を1人で教える状態からスタートし、翌年に『株式会社J Institute』を設立して代表取締役に就任、塾名を現在の『J PREP 斉藤塾』に改める。SLA(第二言語習得理論)の知見に基づいた、英語の四技能を効果的に伸ばすカリキュラムが支持を受け、口コミを中心に入塾希望者が増え続けた結果、わずか数年で在籍生徒が3,000名を超えるほどの急成長を遂げる。