TOP 異能の経営者【I know.】斉藤淳氏 “問い”のない学校の授業に、違和感を覚えた。

2019/01/17

1/1ページ

第1回

“問い”のない学校の授業に、違和感を覚えた。

  • 異能の経営者【I know.】
  • 経営
  • キャリア・働き方
  • 経営者
  • 株式会社J Institute代表取締役CEO 斉藤 淳氏

 

今回から登場いただくのは、小中高生を対象に英語と教養教育の塾を運営する、
J PREP斉藤塾の代表、斉藤淳氏。
子供の数が減る一方で、斉藤氏の運営する塾は生徒数が増加し続けている。
では、その斉藤氏が学生時代にどのような学習を受け、何を感じてきたのか。
斉藤氏に詳しく聞きながら紐解いてみる──。

 

■学校の授業は本当につまらなかった

――子供の頃、どのようなお子さんでしたか。

 

私は山形県酒田市の米農家の長男として生まれたのですが、小学校3年生ぐらいから短波放送を聞くのが好きでした。

 

――短波放送、ですか。

 

ええ、ラジオで「民主主義ではない国からのメッセージ」を聞くのが好きだったんです。

 

――民主主義ではない国からのメッセージを聞く、と言いますと?

 

例えば、ソ連がやっていたモスクワ放送とか、北朝鮮の朝鮮中央放送、中国の北京放送などです。あと、民主化する前の韓国の放送もそうですね。

 

――それは日...

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 斉藤 淳氏

    株式会社J Institute代表取締役CEO

    1969年山形県生まれ。イェール大学大学院にてPh.D.(政治学)を取得。ウェズリアン大学客員助教授等を経た後、イェール大学にて政治学科助教授として教鞭を執る。 2012年に帰国し、中高生向けに英語を教える私塾を開業。従業員は自分1人のみ、少数の生徒を1人で教える状態からスタートし、翌年に『株式会社J Institute』を設立して代表取締役に就任、塾名を現在の『J PREP 斉藤塾』に改める。SLA(第二言語習得理論)の知見に基づいた、英語の四技能を効果的に伸ばすカリキュラムが支持を受け、口コミを中心に入塾希望者が増え続けた結果、わずか数年で在籍生徒が3,000名を超えるほどの急成長を遂げる。