TOP 世界の社長から “苦手なことに力を入れても、せいぜい人並みの成果しか得られない。”

2019/01/16

1/1ページ

第54回

“苦手なことに力を入れても、せいぜい人並みの成果しか得られない。”

  • 世界の社長から
  • イノベーション
  • 経営
  • KEIEISHA TERRACE編集部 相馬愛

ランディ・ノイス(リーダーシップ・インターナショナル社長)

 

日々の経営に活かせるヒントとして、世界中で活躍する経営者や偉人の名言をご紹介。

 

今回は、ランディ・ノイス氏の一言。

 

一見厳しいことを言っているように見えるが、この言葉の後には
「でも、自分が得意なこと夢中になれることに力を入れればものすごい成果が得られます。」
という一文が続く。

 

短所を克服しようとすることは素晴らしい。
ただ、短所より長所を伸ばすことで、さらに大きい効果が得られるのだ。

 

 

(出典:ランディ ノイス『北欧流スローライフ・コーチング』主婦の友社、2007年)

 

 

プロフィール

  • 相馬愛

    KEIEISHA TERRACE編集部

    1995年千葉生まれ。筑波大学人文・文化学群比較文化学類卒業。学生時代は有志での地域イベント立ち上げ・運営に関わる。文化人類学を専攻し、事象ではなく人にフォーカスを置いた地域振興や地域活性化に関心を持つ。「人に関わる仕事がしたい」という想いから、2018年4月に新卒として経営者JPに入社。