TOP 異能の経営者 ~ I know. ~ 【米田純氏】新しい環境に挑戦する時、大切な考えかた。(Vol.5)

2018/11/15

1/2ページ

第10回

【米田純氏】新しい環境に挑戦する時、大切な考えかた。(Vol.5)

  • 経営
  • キャリア
  • 経営者インタビュー
  • Food's Style株式会社 代表取締役社長 米田 純氏

 

日本食レストランの海外出店をサポートするFood’s Styleの代表取締役社長・米田純氏は飲食ビジネスを立ち上げ、アメリカへと進出した。楽天球団を立ち上げて9年間で優勝を遂げるチームを作り上げた米田氏が、異国の地での飲食事業で目指すこれからのビジョンとは一体どういったものなのか。そして、自身の経験を踏まえたうえで伝えたい若い人たちへのメッセージとは──。

 

 

■理念を実現するために必要なのは「仕組み作り」。

――アメリカではボストンを中心に展開されていますが、ボストンという街はいかがですか?

 

京都みたいな感じですよね、ボストンは。ビジネスも京都みたいなので大変ですけどね。

 

――ビジネスも京都みたい、と言いますと?

 

一見さんお断り、というか。簡単にビジネスが作れないんですよ。各地域に自治会みたいなのがあって、店を出すといったら公聴会の嵐で。

 

――わあ、大変ですね。

 

それとは別に、建っている建物が100年以上なので、歴史的建造物委員会があるんです。そこにも公聴会があって出ないといけない。

 

――歴史的建造物委員会。ほんと京都っぽいですね。

 

本当に参入障壁が高いです、ボストンは。でもニューヨークに近いですから、ボストンに一度入りこめてしまえば成功につながる、という感じもします。

 

――なるほど。そんな御社の今の状況はいかがでしょうか。

 

今は創業5年目に入ったんですが、毎年1店舗出していて現在は5店舗展開しています。山頭火が4店舗で、今年の春に自分たちのオリジナルブランド、「JYUNKICHI」という居酒屋をシアトルに出しました。炉端の居酒屋なんですけどね。

 

――オリジナルブランドの居酒屋ですか。

 

ええ、「らーめん山頭火」は凄いスーパーブランドで、任せていただいて感謝しています。これはこれで、順調に広げていけばいいかなと思っているんですが、「JYUNKICHI」はオリジナルブランドなので、今度は自分たちがフランチャイズになって広げていく、というビジネスにしていきたいと考えています。

 

――なぜ居酒屋にしたんでしょうか。勝算みたいなものは何かあったんですか?

 

 

1

2

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 米田 純氏

    Food's Style株式会社 代表取締役社長

    1953年、神奈川県生まれ。野球漬けの子ども時代を送り、早稲田大学では体育会準硬式野球部に所属。卒業後、西武百貨店に入社し、池袋店・紳士服売り場を経て、営業政策や店舗運営、販促など本部でマーケティングに従事。2003年楽天に入社後、百貨店での業務経験を生かし、楽天市場ユーザーマーケティング部門にて勤務。その後、同社のプロ野球参入に伴い、東北楽天ゴールデンイーグルスの立ち上げを牽引し、初代球団代表に就任。2013年にプレンティUSAを設立、代表取締役社長CEO。2016年にFood's Style株式会社を設立、代表取締役社長就任。